わすれなぐさ

自称情報ブログ・備忘録

間違いの指摘や役に立ちそうな情報など、些細な事でも気軽にコメントしてください。ブログ管理人へ直接連絡したいときは右下のフォームをご利用ください。

バッチファイルやコマンドプロンプトからMicrosoft Storeを起動する方法です。

方法

次のコマンドを実行します。
start ms-windows-store:

※最後のコロンを忘れないように。

説明

Windows 10のURIというのを使っています。

「Win」+「R」を押すと出てくる「ファイル名を指定して実行」に「ms-windows-store:」と入力することでも同じ結果を得られます。

他に、「ms-windows-store://search/?query=OneNote」と入力して検索結果を表示したり、「ms-windows-store://settings」で設定ページを開いたりできます。詳細は次のページなどを参考にしてください。

コマンドプロンプトやバッチファイルから、Windows Updateの「更新プログラムのチェック」を実行する方法です。Windows 10 バージョン 1903でも実行可能です

方法

以下のコマンドを実行してください。
start ms-settings:windowsupdate-action

説明

Windows 10のURIというのを使っています。

「Win」+「R」を押すと出てくる「ファイル名を指定して実行」に「ms-settings:windowsupdate-action」と入力することでも同じ結果を得られます。

コマンドプロンプトまたはバッチファイルでWi-Fi(無線LAN)に接続する方法です。新しいPCにWi-Fi設定を展開するときなどに使えます。

1. Wi-Fiプロファイルをエクスポートする

まずは、Wi-Fiに接続済みのPCを使って、Wi-Fiプロファイルをエクスポートする必要があります。

① コマンドプロンプトを管理者として実行します。

② 次のコマンドを実行します。key=clear を指定することで、セキュリティキーも含めてエクスポートできます。
netsh wlan export profile name=<プロファイル名> folder=<保存先フォルダ> key=clear

なお、プロファイル名は次のコマンドで確認できます。基本的に、プロファイル名はSSIDと同じだと思います。
netsh wlan show profile

2. Wi-Fiプロファイルをインポートする

続いて、先程エクスポートしたファイルを、これからWi-Fiに接続したいPCにインポートします。

① コマンドプロンプトを実行します。管理者権限は不要です。

② 次のコマンドを実行します。
netsh wlan add profile filename=<ファイル名.xml>

これでWi-Fiに接続できたはずです。

補足

Wi-FiプロファイルはXMLファイルなので、テキストエディタで編集することができます。例えば <connectionmode> を auto にすると自動接続、manual にすると手動接続になります。

また、Wi-Fiプロファイルをインポートした後で、コマンドからプロファイルのパラメータを書き換えることもできます。例えば、次のコマンドを実行すると、自動的に接続する・しないを変更できます。
netsh wlan set profileparameter name=<プロファイル名> connectionmode=auto または manual

このページのトップヘ