わすれなぐさ

自称情報ブログ・備忘録

間違いの指摘や役に立ちそうな情報など、些細な事でも気軽にコメントしてください。ブログ管理人へ直接連絡したいときは右下のフォームをご利用ください。

Undertaleの主要な曲名の読み方と意味を一覧で紹介します。

曲名 読み 意味 ボス
Heartache ハートエイク 心の痛み Toriel
Dummy! ダミー 間抜け Mad Dummy
Spear of Justice スピア・オブ・ジャスティス 正義の槍 Undyne
Spider Dance スパイダー・ダンス 蜘蛛の踊り Muffet
Wrong Enemy !? ロング・エネミー 間違った敵 So Sorry
ASGORE アズゴア
Asgore
Your Best Nightmare ユア・ベスト・ナイトメア 最高の悪夢を Photoshop Flowey
Hopes and Dreams ホープス・アンド・ドリームズ 夢と希望 Asriel Dreemurr
Burn in Despair! バーン・イン・ディスペア 絶望の中で燃えろ Asriel Dreemurr
SAVE the World セーブ・ザ・ワールド 世界を救え Asriel Dreemurr
His Theme ヒズ・シーム 彼のテーマ Asriel Dreemurr
Battle Against a True Hero バトル・アゲインスト・ア・トゥルー・ヒーロー 真の英雄との戦い Undyne the Undying
Power of "NEO" パワー・オブ・ネオ "NEO"の力 Mettaton NEO
MEGALOVANIA メガロヴァニア Sans

ゲーム「Undertale」の楽曲「Bergentrückung」とはどういう意味でどのように発音するのかを紹介します。

読み方

Bergentrückungはドイツ語で「ベルクエントリュックング」。BergとEntrückungに分かれます。発音記号は[ˈbɛʁkˌʔɛntˈʀʏkʊŋ]

意味

BergとEntrückungをそれぞれ英語に直訳するとmountain、raptureになります。Raptureは「歓喜、大喜び」のような意味のほかに、キリスト教の用語で「携挙」の意味があります。携挙とは、神の怒りによって地上に終末が訪れる時に、キリストが再び降臨して人々を救い出すことです。
ただし通常、Bergentrückungという語は「king in the mountain」や「sleeping king」と訳されます。King in the mountainとは、然るべき時が来るまで遠隔の地で眠る伝説的英雄のことを表しています。このような英雄は、アーサー王伝説を始めとするヨーロッパの民話・伝説でよく見られます。
ドイツ語版Wikipediaの「Bergentrückung」の記事には、「これらの概念に共通しているのは、人間が死ぬことなく人間世界から消え去り、地下世界で生き続けることである。したがって、これは携挙(Entrückung)の特別な形である」という記述があります。(ドイツ語は読めないのでGoogle翻訳で英語に訳してから日本語に直しました)
以上の説明を見て何かピンと来るものはあったでしょうか? では最後に、Bergentrückungに関するredditのコメントを一部(訳せそうな範囲で)紹介して終わりとします。

「今日知ったこと:Bergentrückungとは人が死なずに人間世界から消えることについてのモチーフ」
「いや、ドイツ語でking of the mountain。Asgoreに言及してる」
「そうだな。でもAsgoreは文字通り山の中の王だけど、真のKing in the mountainじゃない。それは必要とされるまで眠っている封じられた力のこと」
「多分ダブルミーニングで、ひとつは山の中の王であるAsgoreを、もうひとつは世界から消え去って地下世界で生き続ける主人公を指しているんじゃないかな」
「Asgoreは英雄じゃない。彼は必要とされたわけじゃない。ただ皆の希望のためにそうしなければいけなかっただけというか。彼はそもそも本当に地上を攻撃したいわけじゃないのに」
「だったら実に皮肉だな。眠れる王は結局、彼の臣民のために立ち上がる……」

バッチファイルを削除しても処理を続けるにはどうすればいいのでしょうか?

アンパサンド(&)で処理を繋ぐ

アンパサンドを使えば複数のコマンドをまとめて実行できるので、ファイルを削除しても問題ありません。
@echo off & echo ここでファイルを削除する & pause & echo ここも実行できる & pause

実行結果:
ここでファイルを削除する
続行するには何かキーを押してください . . .
ここも実行できる
続行するには何かキーを押してください . . .

さらにキャレット(^)で改行する

アンパサンドで繋ぐ処理が多くなると1行の長さがとんでもないことになるので、何か方法はないか調べたところ、キャレットを使えば任意の場所で改行できるようです。
@echo off &^
echo ここでファイルを削除する &^
pause &^
echo ここも実行できる &^
pause

実行結果は上と同じです。

関連


参考


このページのトップヘ