わすれなぐさ

自称情報ブログ・備忘録

間違いの指摘や役に立ちそうな情報など、些細な事でも気軽にコメントしてください。ブログ管理人へ直接連絡したいときは右下のフォームをご利用ください。

2019年6月現在、Windows 10 (Pro) Version 1903において、Windows Updateの「詳細オプション」の「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」という項目が消えてしまう問題があるようです。

発生条件と症状

機能更新や品質更新の延期可能な日数を「0」以外に設定してから、Windows Updateの「更新プログラムのチェック」をクリックすると、「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」という項目と延期日数の選択項目が非表示になってしまいます。

5chでも、同様の問題が報告されているのが確認できますね。
>>910 によれば、この問題はおそらく表示上だけの問題であり、更新の延期自体は正しく機能しているものと思われます。

解決策

延期日数を「0」に戻すと、項目が表示されるようになる可能性があります。>>908 や >>919 はこの方法で表示されたようですが、>>910 はこの方法でも消えたままだったようです。

詳細な手順は、以下の通りです。

① 「Win」キー+「R」キーを押し、「regedit」と入力して「OK」

② 「コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\WindowsUpdate\UX\Settings」の「DeferFeatureUpdatesPeriodInDays」を右クリック→「修正」→「値のデータ」を「0」にして「OK」

③ 「DeferQualityUpdatesPeriodInDays」も同様にする。

マイクロソフトサポートに報告してみた

Twitter経由でマイクロソフトサポート @MSHelpsJP に報告してみました。

回答は、「既知の問題は Windows 10、バージョン 1903 および Windows サーバー、バージョン 1903 に公開されていますが、報告していただいた問題については情報が見つかりませんでした。本件についてはこちらから担当部署へ報告いたしますが、よろしければお客様の方からも フィードバック Hub を使って Microsoft にフィードバックを送信する より、フィードバックを送信していただけると幸いです」というような内容でした。

日本語の読点(とうてん)の使い方には明確なルールがありません。しかし、読点は文章の読みやすさを左右する重要な要素です。本稿では、読点の一般的な使い方をまとめ、どのように打てば文章が読みやすくなるかの「目安」を示したいと思います。

はじめに

極端な話、日本語は読点がなくても読めます。ですので、打つかどうか悩むような読点であれば基本的に打たなくていいような気がします。個人的に、読点の使い方で大事なことは、重要度の高い読点だけを適度に打つことだと思っています。しかし「適度」というのが厄介で、例えば固い文章では読点が多く、緩い文章では読点が少ないなど、状況・人によって読点の数や打ち方が変わってくるので、そのあたりも含めて適度に調整する必要があるでしょう。

本稿では、はじめに「読点を打てる場所」について述べ、そのあとで「重要度の低い読点を省く」ということについて述べていきます。

読点を打つ場所

読点を必ず打つ場所や打ってもいい場所について説明します。だいたい重要度の高い順に並べています。

1. 誤解を防ぐために打つ
誤解や読み間違いを防ぐために読点を打ちます。この読点は必須と言えます。
  • よく晴れた夜、空を仰ぐと、
  • ここで、はきものを脱ぎます。
  • この会社には通常、融資をします。(※読点がないと、「通常融資」という名詞があるように見えてしまう。)

2. 語句の並列に打つ
名詞的・形容詞・副詞的語句の並列に読点を打ちます。特に名詞の並列では必ず打ちます。
  • 東京、名古屋、大阪、福岡などが日本では大都市だ。
  • 静かな、明るい朝でした。

3. 語句を隔てて修飾する場合に打つ
語句を隔てて修飾する場合に打ちます。この読点がないと誤解が生ずる文もあります。
  • まだ火のよく通らない、生のでんぷん粒のあるくず湯を飲んで、
  • 大きな、めがねをかけた男。(※読点がないと、めがねが大きいということになる。もっとも、この例文の場合は、可能なら「めがねをかけた大きな男」と言い換えたほうがいい。)

4. 文の中止に打つ
文の中止するところに読点を打ちます。動詞の「~し」「~して」などで文が切れる場所です。
  • 父も喜び、母も喜んだ。
  • ぼくは町に出て、映画を見た。
  • あいつは勉強もせず、毎日遊んでばかりいる。
  • 太郎は休んだが、花子は休まなかった。

ただし、「~して」で文がつながる簡単な文では読点を打たないことも多いでしょう。
  • ぼくは町に出て映画を見た。

5. 倒置した場合に打つ
文の成分を倒置した場合に読点を打ちます。
  • なんだ、このざまは。

6. 感動詞、呼びかけ、返事などの語のあとに打つ
感動詞、呼びかけ、返事などの語のあとに読点を打ちます。この読点は打たなければ不自然です。
  • おや、いらっしゃい。
  • 坊や、おいで。
  • はい、そうです。

7. 副詞・接続詞のあとに打つ
文のはじめに用いる副詞・接続詞のあとに読点を打ちます。
  • そのとき、彼が姿を現した。
  • しかし、私は反対です。

8. 限定・条件などを表す文や語句のあとに打つ
限定・条件などを表す文や語句のあとに読点を打ちます。
  • 風が強いので、僕は窓をしめた。

ただし、文が簡単なときは読点を打たなくてもいいでしょう。

9. 主題のあとに打つ
主題のあとに読点を打ちます。主題とは、「~は」の部分のことです。主題または叙述の部分が長いとき、読点が打たれやすいです。
  • 私の家は、駅から遠い町はずれにある。
  • 教壇の上の椅子に座っている人は、大学生です。

この打ち方は、よく読点のルールとして真っ先に挙げられますが、意外と重要度は低いです。

読点を省く

文が短くて簡単なときは、読点を省いたほうが読みやすい場合が多いですね。これについては、みなさんも比較的よく理解されていると思います。

一方で、文が長いときも、適当に読点を省いたほうが読みやすくなります。例えば、次の1つめの文は普通に読めますが、2つめの文は妙に読みづらい感じがします。
  • 私の家は、駅から遠い町はずれにある。
  • 私の家は、駅から遠い町はずれにあるが、彼の家は、駅から徒歩5分の所にある。

長い文では、重要度の低い読点を省き、できるだけ読点を減らすと読みやすくなります。
  • 私の家は駅から遠い町はずれにあるが、彼の家は駅から徒歩5分の所にある。

参考


Battlefield Vに新マップ「Al Sundan」が追加されますが、このマップ名は何と読めばいいのでしょうか? 調べてみました。

「Al Sundan」は何語?

「al-」といえばアラビア語の定冠詞(英語の「the」に当たる語)なので、多分アラビア語だと思いますが、一応調べてみましょう。(例えば、英語のalchemyとかalcoholとかalgebraとかがアラビア語由来です。アラビア語の定冠詞ごと英語に取り入れられてしまったのですね)

Battlefield Wikによると、「Al Sundan」の舞台はチュニジアだそうです。チュニジアの公用語を調べるとアラビア語だったので、「Al Sundan」もアラビア語ということでよさそうです。

アラビア文字ではどう書く?

ラテン文字のままだと発音も何も分からないので、アラビア文字に直しましょう。こういうときは、Google翻訳で「アラビア語」を選択して「alsundan」と打ち込むと勝手に直してくれます。「السندان」だそうです。

読み方は?

Wiktionaryで調べると、定冠詞を除いた「سندان (sandān)」でヒットしました。
意味は「anvil」=「金床(かなとこ)」だそうですね。マップ名としては、定冠詞の「al-」が付くので「The Anvil」という意味になりそうです。

発音については、残念ながらIPA(国際音声記号)が載っていませんでしたが、シャクル(アラビア文字の発音記号)付きの表記「السَّنْدَان (as-sandān)」が載っていました。これを読むと、「アッサンダーン」のようになります。

「『アルサンダーン』じゃないのか」という疑問があるかもしれませんが、アラビア語の定冠詞「al-」は、後ろに「s」や「t」などの舌先を使う子音が続くとき、「l」は発音されずに後続する子音と同化して発音されるルールがあります。そのため、「al-sandān」は、発音としては「as-sandān」となるのですね。(ちなみに、アラビア語の挨拶「こんにちは」も、「al-salāmu alaykum」と綴って「アッサラーム・アライクム」と読みますね!)

とはいえ、公式の動画(以下)では、アメリカ人の発音として「アルサンダーン」あるいは「アルサンダン」のように読み上げられているので、そのように発音しても間違いではないでしょう。



このページのトップヘ