わすれなぐさ

自称情報ブログ・備忘録

間違いの指摘や役に立ちそうな情報など、些細な事でも気軽にコメントしてください。ブログ管理人へ直接連絡したいときは右下のフォームをご利用ください。

「ジュッセンパイヤー」、いかにもドイツ系の響きだが、ドイツ語で綴るとしたらどう書くのだろうか?

ジュ

まず「ジュ」だが、実は、ジュという音は本来のドイツ語に無い。そこで、近い音を持つ「sü」を使うのがまず1つめの案である。「sü」は「ズュ」のような音に近いが、カタカナで書く場合には「ジュ」としてもいいだろう。実際のドイツ語では、Süden(ジューデン=南)、süß(ジュース=甘い)、süßen(ジューセン=甘くなる・する)などに見られる。

もうひとつの案は、「ジュ」を含んだ外来語に現れる「dsch」を使うことである。英語の jungle に由来する Dschungel(ジュンゲル)などに見られる。しかし、外来語に使われる「dsch」をドイツ系の名前として使ってしまうのは変かもしれない。

ッセン

ドイツ語で「s+母音」はザ行を表すので、サ行を表現するには「ß+母音」か「ss+母音」とする必要がある。しかし「ß」は、「süßen(ジューセン)」のように ß の直前の母音を長音にしてしまう(※1)ので、ここでは「ss」を採用するのが良いだろう(※2)。

パイヤー

ドイツ人によくある姓として「マイヤー(マイアー)」があるので、これを参考にして「パイヤー」が作れそうである。しかし、「マイヤー」には、Meyer、Meier、Maier、Mayer、など、複数のスペルが存在する。どれがジュッセンパイヤーに最も相応しいかの判断は、各自に任せたい。

結論

「ジュッセンパイヤー」のスペルとしては、「Süssenpeyer」か「Süssenpeier」あたりが良いと思われる。

註釈

※1:ドイツ語では「強勢のある母音+子音1文字」と組み合わさるとき、強勢のある母音が長音になる性質がある。一方で「強勢のある母音+ss」のように、子音が2文字以上続けば、母音は短音になる。

※2:実際には、ドイツ語で「süssen」と書いても「ジュッセン」のように促音が挿入されるわけではなく、「ジュセン」に近い音で発音される。ただし、カタカナ表記の慣例として、こういう場所には促音を入れて書くことがよくあるので「ジュッセン」と書いていいだろう。英語でも「put」の発音は「プト」に近いが、カタカナでは「プット」と書かれるのと似ている。

参考文献

Windows 10の更新プログラム(Windows Update)が何度も失敗し、繰り返してしまうような状況に陥ることがあります。そんなときは、だいたい以下の方法で解決できる気がします。

大型アップデート(機能更新)に失敗するとき

① メディア作成ツールを使って、Windows 10のインストール用USBメモリを作成します。(詳しい作成方法は検索してください)
Windows 10 のダウンロード

② 作成したUSBメモリをPCに挿し、USBメモリ内のsetup.exeをダブルクリックして実行します。後は画面の指示に従ってください。

累積更新プログラムに失敗するとき

i) 未適用の大型アップデートがすでに配信されている場合
PCのWindows 10のバージョンが最新でない場合は、累積更新プログラムを無視して大型アップデートを適用してしまえばいいと思います。手順は上記の通りです。

ii) そうでない場合
適用可能な大型アップデートが無い場合は、オフラインインストーラーを使って累積更新プログラムを適用します。

① Microsoft Update Catalogで、失敗する更新プログラムを検索します。(検索する際は、KB番号で検索するのが一番確実ですが、分からなければ自分の環境に適合するキーワードで検索することもできます。例:「x64 windows 10 1709 累積更新」)
Microsoft Update カタログ

② 目的の更新プログラムを見つけたら、右の「ダウンロード」からダウンロードします。

③ ダウンロードしたファイル(.msu)をダブルクリックして実行します。後は画面の指示に従ってください。

Windows 10 April 2018 Update (1803)の影響で、かなり多くのPCが起動しなくなる・ブルースクリーンが多発する問題が発生しています。殊に、Surface Proについては深刻で、起動不能になるのと同時にBitLockerが有効化され、データの取り出しも不可能となる問題が起こっています。(事前に自分自身でBitLockerを有効化済みで、回復キーを保存している場合はデータの復旧が可能です。今回の問題の厄介な点は、意図せずBitLockerが有効になるため誰も内部のデータにアクセスできなくなることです)

症状

Surface ProにWindows 10 April 2018 Updateを適用した後、Windowsを起動することができず、「自動修復」や「問題が発生したため、PC を再起動する必要があります」というブルースクリーンエラーが繰り返し表示される。

原因

Surface Proに内蔵されているSSDとWindows 10 April 2018 Updateの問題です。
Windows 10 April Update 2018適用後、Intel製SSDシステムがクラッシュする問題が発生中 - PC Watch

Surface(Microsoft製)とWindows(Microsoft製)の相性問題でクラッシュするのは流石に草

対処法

メディア作成ツールを用いて作ったUSBメディアを起動し、ストレージのパーティションをすべて削除してWindows 10をクリーンインストールします。
Windows 10 のダウンロード

その他の可能性

もしかすると、SSDのクラッシュ問題ではなく、単にWindows 10の不具合でPCが正常起動しなくなっているだけの可能性もあります。その場合はデータを救出できる可能性が高いです。Windowsの「以前のバージョンに戻す」などの機能で復旧できるかもしれません。

もし、「以前のバージョンに戻す」を実行しようとしても回復キーの入力を求められて実行できない場合は、SSDのクラッシュ問題でBitLockerが有効化されてしまっているため、回復キーが無い限り内部のデータにアクセスすることは不可能です。

このページのトップヘ