Minecraftでマルチサーバーを建てるためにポート開放をしようと思います。

私の環境
  OS: Windows 7
  LANルータ: WN-G300GR

記事作成日など
  2015/1/30
  Minecraftバージョン 1.8.1

1. ネットワークの場所の設定を確認

Windows7では、ポート開放をするためにネットワークの場所を「ホームネットワーク」か「社内ネットワーク」に設定しておく必要があるそうです。

①「スタート」から「コントロールパネル」を開く
②「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリック
③アクティブなネットワークの表示という欄に
  ・「ホームネットワーク」か「社内ネットワーク」と書いてある→何もしなくてOK
  ・「パブリックネットワーク」と書いてある→その文字をクリック
④「社内ネットワーク」に切り替えます
  ※社内ネットワークとホームネットワークには大した違いがないのでどちらでもいいです。気になる人はグーグル先生に訊いてね

2. IPアドレスの確認

IPアドレスなどを確認します。

①「スタート」→「プログラムとファイルの検索」に「cmd」と入力してEnter
②黒い画面に「ipconfig」と入力してEnter
  ※黒い画面のことをコマンドプロンプトと言います

いろいろ出てくると思います。
一旦こちらは放っておいて次へ行きます。

3. IPアドレスの固定

IPアドレスを固定します。

①「スタート」から「コントロールパネル」を開く
②「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリック
③左側の「アダプターの設定の変更」をクリック
④表示されたアダプタ名(ほとんどの人は「ローカルエリア接続」)を右クリック→「プロパティ」を開きます
⑤一覧から「インターネットプロトコルバージョン4 (TCP/IPv4)」をクリックしてから「プロパティ」ボタンを押します
⑥「次のIPアドレスを使う」にチェック

⑦ここで先ほど用意した黒い画面の「イーサネットアダプターローカルエリア接続:」を見てください
⑧プロパティの方に黒い画面の内容を色々書き写していきます
  IPアドレス ← IPv4アドレス (例 192.168.0.2)
  サブネットマスク ← サブネットマスク (例 255.255.255.0)
  デフォルトゲートウェイ ← デフォルトゲートウェイの下の段 (例 192.168.0.1)
  優先DNSサーバー ← デフォルトゲートウェイの下の段
  代替DNSサーバーは空白

⑨「OK」をクリック

後はプロパティも黒い画面も終了して大丈夫です。

4. UPnPCJのダウンロード・インストール

①公開サイトに行きます
  →http://www.geocities.jp/umemasu2010/upnpcj/
②【Down Load 】の下の方のURLをクリックします
  ※個人的にzip版が好きなので下の方を選びました
③適当なフォルダ内に解凍してインストール完了

5. UPnPCJの実行・ポート開放

UPnPCJを実行、設定、ポート開放します。

①UPnPCJ.exeをダブルクリック
②「動作テストを行いますか?」と聞かれるので「はい」と答えます
③ファイアウォールの画面が表示されたと思いますが、とりあえず動作テストが終わるまで待ちます(失敗します)
④ファイアウォールの画面で「アクセスを許可する」をクリック
⑤「①WAN_PORT(必須) [1]」に「25565」を入力
  ※25565はMinecraftのポート番号なのだそうです
⑥「④LAN_IP [4]」に上で確認・固定したIPアドレスを入力
⑦「⑩Port開放[a]」をクリックしてポート開放

ルーターのポートを開放しました (FWの設定は別途必要!)」と表示されれば成功です。

5-1. 開放できないとき

ルーターの、ポート開放やUPnPに関する設定をしなければいけないかもしれません。或いは、アンチウイルスソフトが影響している可能性があります。

6. 開放できたかテストする前にまずサーバーを立てる

ポート開放できたかテストしてみます。
テストするには実際にMinecraftサーバーを建ててみる必要があります。
今回は試しに.exeでサーバーを建ててみましょう。(サーバーには.exeと.jarの2種類があります)
サーバーを持ってる人はこの項目は飛ばしてください。

①公式サイトから「minecraft_server.1.8.1.exe」をダウンロード
  →https://minecraft.net/download
②ダウンロードしたファイル(.exe)を適当な空のフォルダに入れます(ファイルが散らかるため)
③ファイル(.exe)をダブルクリック
④同じフォルダ内に生成されたファイル「eula.txt」をダブルクリック
#下記の設定をTRUEに変更することによって、あなたは私たちのEULAへの同意を示しています。
(https://account.mojang.com/documents/minecraft_eula)
#日付
eula=false
⑤ファイル内のURL先をよく読んで、4行目「eula=false」を「eula=true」に書き換えて保存
⑥もう一度「minecraft_server.1.8.1.exe」をダブルクリック

これでサーバーが起動したはずです

7. 開放できたかテストする

Minecraftサーバーを起動した状態で、次のURLに接続します
  →http://www.genie.x0.com/gtl/help/port_scan.php?port=25565

(・∀・) 成功 と表示されれば鯖(サーバー)建てとポート25565開放に成功しています!


Minecraftサーバーの運用

鯖運用についてはWikiなどを読んでください。
  →http://www26.atwiki.jp/minecraft/pages/1074.html

ただ、1つ注意しておくとすれば、鯖を閉じるときにはstopコマンドを使いましょうということですね。コマンドはゲーム内で「/stop」とチャットするか、鯖のウィンドウ(Minecraft server)の右下に「stop」の入力してください。