幼女戦記エンディング曲「Los! Los! Los!」の歌詞のドイツ語部分です。1か月ほど前は、歌詞を検索しても間違っていそうな歌詞しかヒットしなかったのですが、最近ニコニコ動画のコメントでそれっぽい歌詞を見つけたので、そちらを掲載します。ただ、これも合っているか分かりません。この記事のコメントに、CD同梱の正しい歌詞を記載して下さった方がいましたので、そちらに書き換えます。

ついでに、歌詞の他の部分についても少しだけ解説しています。

歌詞

Feuer! Sperrfeuer! Los!
フォイアー!シュペルフォイアー!ロース!
撃て!弾幕射撃!行け!

Achtung! Deckung! Hinlegen! Halt!
アハトゥン!デックン!ヒンレーゲン!ハルト!
警戒!隠れろ!伏せろ!止まれ!

意味

  • Feuer — [名] 火、射撃。号令として「撃て」
  • Sperrfeuer — [名] 掩護射撃、弾幕射撃、敵の進軍を妨げる弾幕砲撃
  • Los — 号令として「行け、急げ」。(Uボートにおいては魚雷発射の号令)
  • Achtung — [名] 警戒、注意。号令として「警戒せよ、気をつけ」
  • Deckung — [名] カバー、遮蔽物。号令として「隠れろ」(「援護」かも)
  • Hinlegen — [動] 伏せる。号令として「伏せろ」
  • Halt — 号令として「止まれ」

詳しくは分からないのですが、ドイツ語では号令・命令のとき、動詞の原形や名詞をそのまま叫ぶようですね。号令などについては下記の「参考」のリンク先をご覧ください。

発音

  • Feuer [ˈfɔɪ̯ɐ] フォイアー。「eu」は「オイ」。「-er」は、古くは「エル」だったが、現在は英語と同じように「アー」
  • Sperrfeuer [ˈʃpɛʁˌfɔɪ̯ɐ] シュペルフォイアー。「sp-」は「シュプ」
  • Los [loːs] ロース
  • Achtung [ˈaχtʊŋ] アハトゥン(グ)。「-ng」は英語と同じ発音
  • Deckung [ˈdɛkʊŋ] デックン(グ)
  • Hinlegen [ˈhɪnˌleːɡn̩] ヒンレーゲン/ヒンレーグン
  • Halt [halt] ハルト

発音記号(IPA)はWiktionary(ドイツ語版)からの引用です。

ちなみに、「halt」は英語にも「止まる」の意味で存在する単語ですが、ドイツ語発音では「ハルト」、英語発音では「ホールト」なので気を付けましょう。

おまけ:他の歌詞の解説

  • 「聲(こえ)」は「声」の旧字体です。
  • 「殲滅(せんめつ)」とは、1人も残さず滅ぶ・滅ぼすことです。「殲滅」が部隊の10割喪失、「壊滅」は5割、「全滅」は3割の喪失を意味します。
  • 「鬨(とき)」とは叫び声のことで、「勝鬨(かちどき)」は勝利の歓声のことです。
  • 「徒花(あだばな)」とは、咲いても実を結ばずに散る花のことです。転じて、外見が華やかでも実質を伴わないもののたとえにも言います。季節外れに咲く花や、儚く散る桜花の意味もあります。後者は「徒桜(あだざくら)」とも言って、儚いもののたとえです。
  • 「笑劇」とは、客を笑わせるための低俗な喜劇、茶番のことで、現実味のない突飛なシチュエーションを伴います。ドイツ語では「Farce」で、読みは「ファルセ」か「ファルス」です。

参考

ドイツ語の辞書

ドイツ語の軍事的な号令

動画

Ads