「モニターを1枚買い足してデュアルディスプレイにしたいけど、今あるモニターより大きいモニターが欲しい! でも2枚のモニターでサイズが異なっても大丈夫?」

と、このような疑問を持つ人は少なくないと思います。私も購入前、同様の疑問があり不安だったのですが、結局サイズ違いのモニターを購入しました。実際に使ってみた感想としては、結論から言えば、サイズが違っても特に不満は感じませんでした。確かにウィンドウや文字の大きさが左右のモニターで異なってしまいますが、そんなことよりも、欲しかった大きなサイズのモニターが使えて嬉しかったです。

※ワイド+スクエアという買い方もありますよね。その場合は縦の長さを合わせるためにサイズの違うモニターを買うことがあるようですが、今回はそうではなくて、「解像度が同じでサイズが違うワイド+ワイド」の場合です。

私の場合

私の場合、新モニターを購入する前からすでに23インチ(フルHD)×2のデュアルディスプレイ環境でしたが、23インチでは小さいと感じるようになってきたため、そのうちの1枚を27インチのモニターに買い換えてメインとして使うことにしました。

新モニターは一番安い価格帯のVAパネルを購入しました。安物とはいえ、昔のTNパネルより遥かに良い画質だと感じました。色合いは、もちろん既存のモニターと異なっていたので、納得いくまで調整しました。色が似るとデュアルモニターの違和感もだいぶ減る気がします。

デュアルモニターの私の使い方はというと、Twitterや動画を開いたり、ブラウザをたくさん開いて調べ物をしたりですが、この程度の使い方なら特にサイズ違いの違和感を感じることはありませんでした。ただし、さすがに画面を跨いでゲームなどを表示するのには向かないと思います。

まあ確かに、サイズが小さい方のモニターの文字が小さいのは気にならなくもないですが、だからといって小さい方に合わせて新モニターを買っては良くないですよね。今は大きいサイズのモニターを買っておいて、いずれ小さいモニターも27インチに買い替えれば良いのです。

結論

ということで、「希望のサイズがあるなら買うといいよ!」というのが私個人の結論です。