ロシア語入門の第一歩は、ロシア語の文字と発音を知るところから始まります。この記事では、ロシア語で使われている文字と、発音の規則を解説します。発音は、カタカナと国際音声記号(IPA)を用いて表記しています。

ロシア語の文字

ロシア語で使われる文字はキリル文字です。

文字 名称
А а а アー
Б б бэ ベー
В в вэ ヴェー
Г г гэ ゲー
Д д дэ デー
Е е е イェー
Ё ё ё ヨー
Ж ж жэ ジェー
З з зэ ゼー
И и и イー
Й й и краткое イー・クラートカエ (短いイー)
К к ка カー
Л л эль / эл エリ / エル
М м эм エム
Н н эн エヌ
О о о オー
П п пэ ペー
Р р эр エル
С с эс エス
Т т тэ テー
У у у ウー
Ф ф эф エフ
Х х ха ハー
Ц ц цэ ツェー
Ч ч че チェー
Ш ш ша シャー
Щ щ ща シシャー
Ъ ъ твёрдый знак トヴョールドゥイ・ズナーク (硬音記号)
Ы ы ы ゥイー
Ь ь мягкий знак ミャーフキー・ズナーク (軟音記号)
Э э э / э оборотное エー / エー・アバロートナエ (裏返したエー)
Ю ю ю ユー
Я я я ヤー


母音の発音

ロシア語の母音は10種類あり、硬母音と軟母音の対立があります。軟母音というのは、「ヤ」「イ」「ユ」「ヨ」のような「イ」の音を帯びた母音のことです。

硬母音 軟母音
文字 発音 文字 発音
а я ヤ (イ)
ы ゥイ и
у ю
э エ (イ) е イェ (イ)
о オ (ア) ё

ロシア語の母音は、強勢(アクセント)の有無によって発音が変わります。強勢がないときは、括弧書きのカタカナで発音されることがあります。

注意する母音
ы — 「ウ」と「イ」の中間的な音で発音します。カタカナで書くのは困難な音ですが、便宜のため無理やり「ゥィ」のように書きます。
 мы ムィ [mɨ] 私達
 ты ティ [tɨ] 君

э — 「エ」です。本来のロシア語ではほとんど使われませんが、強勢がないときは「イ」になります。外来語では常に「エ」です。
 это エータ [ˈɛtə] これ

о — 「オ」です。強勢がないときは「ア」になります。
 хорошо ハラショー [xərɐˈʂo] いいね

я — 「ヤ」です。強勢がなければ「イ」になりますが、語末では「ヤ」の場合もあります。
 я ヤ [ja] 私
 Япония イポーニヤ [(j)ɪˈponʲɪjə] 日本

е — 「イェ」です。強勢がなければ「イ」になりますが、語末では「イェ」になることもあるようです。
 нет ニェート [nʲet] いいえ
 звезда ズヴィスダー [zvʲɪzˈda] 星

強勢のある母音
ロシア語では、強勢のある母音は強く発音されます。少し長めに発音される傾向もあるので、カタカナで書くときは長音を付けることが多いです。この記事でもそのようにしています。

子音の発音

ロシア語の子音は、大きく分けると有声音と無声音に分けられます。それぞれ、日本語でいうところの濁音・清音に当たります。

有声子音 無声子音
文字 発音 文字 発音
有声音・無声音の対応がある
б [b] п [p]
в [v] ф [f]
г [g] к [k]
д [d] т [t]
ж [ʐ] ジュ (反り舌) ш [ʂ] シュ (反り舌)
з [z] с [s]
有声音・無声音の対応がない
й [j] 英語の y
л [l]
м [m]
н [n]
р [r] 巻き舌の r
х [x] k と h の中間
ц [ts] ツ
ч [tɕ] チ
щ [ɕː] シシ、ッシ

й — 英語の y と同様、短いイの音です。

р — ルルルル…と巻き舌で発音します。日本人の中には上手くできない人もいるので、そういう人は練習するしかありません。

х — k を発音するときのように喉を擦る感じで h を発音します。中国語の h や、ドイツ語の ch と同じです。
 холодный ハロードヌイ [xɐˈlodnɨj] 寒い

щ — 日本語で「アッシュ」や「ネッシー」と発音したときの「ッシ」に当たります。鋭い「シ」に聞こえます。昔は「シチ」と発音されていました。
 борщ ボルシッ [borɕː] ボルシチ

無声化
有声音・無声音の対応がある有声子音が、語末や、無声子音の直前にあるとき、無声音になります。これを無声化と言います。
 союз サユース [sɐˈjus] 連邦、ソユーズ
 водка ヴォートカ [ˈvotkə] ウォッカ
 завтра ザーフトラ [ˈzaftrə] 明日

軟音記号 ь は、無声化するかどうかを判断するときには無視して考えます。
 любовь リュボーフィ [lʲʊˈbofʲ] 愛

後ろに単語が続く場合は、その単語の頭文字から判断します。
 в Японии ヴ イポーニイ 日本で
 в Канаде フ カナーヂェ カナダで

有声化
無声子音 к, т, с が、有声子音 б, г, д, ж, з の直前にあるとき、有声音になります。これを有声化といいます。
 вокзал ヴァグザール [vɐɡˈzal] 駅
 просьба プロージバ [ˈprozʲbə] お願い
 Как дела? カーグ ヂラー [kaɡ dʲɪˈɫa] 調子はどう?

軟音記号 ь と軟子音
軟音記号 ь は、直前の子音を軟音化する記号です。

例えば、к は「カ」「ク」「ケ」「コ」の子音ですが、кь は「キ」の子音です。子音なので、実際に「イ」が発音されるわけではないことに注意してください。ひそひそ声で「ク、ク、ク」「キ、キ、キ」と言ってみると、少し違いが感じられると思います。
 Очень приятно オーチニ プリヤートナ [ˈot͡ɕɪnʲ prʲɪˈjatnə] はじめまして
 словарь スラヴァーリ [slɐˈvarʲ] 辞書
 только トーリカ [ˈtolʲkə] ただ

子音の後ろに軟母音が続く場合も、軟子音になります。

次の4つの軟子音は、特に発音が難しいと思われるので、説明しておきます。

дь — 「ディ」と「ジ(ヂ)」の中間的な音です。「ディ」をできるだけ「ジ(ヂ)」に近づけるイメージで発音します。カタカナでは表しきれない音ですが、この記事では「ヂ」と書くことにしています。
 один アヂーン [ɐˈdʲin] 1
 день ヂェーニ [dʲenʲ] 日、昼

ть — 「ティ」と「チ」の中間的な音です。これもカタカナで書くのは難しいですが、この記事では「チ」としています。
 любить [リュビーチ] 愛する
 Извините イズヴィニーチェ [ɪzvʲɪˈnʲitʲe] すみません

зь — 「ズィ」と「ジ」の中間的な音です。この記事では「ジ」としています。
 земля ジムリャー [zʲɪˈmlʲa] 地球、土地

сь — 「スィ」と「シ」の中間的な音です。この記事では「シ」としています。
 Спасибо スパシーバ [spɐˈsʲibə] ありがとう

例外的な発音
【後で書きます】 シシャースチエ ться シトー тс 長子音 г