ゲーム「Undertale」の楽曲「Bergentrückung」とはどういう意味でどのように発音するのかを紹介します。

読み方

Bergentrückungはドイツ語で「ベルクエントリュックング」。BergとEntrückungに分かれます。発音記号は[ˈbɛʁkˌʔɛntˈʀʏkʊŋ]

意味

BergとEntrückungをそれぞれ英語に直訳するとmountain、raptureになります。Raptureは「歓喜、大喜び」のような意味のほかに、キリスト教の用語で「携挙」の意味があります。携挙とは、神の怒りによって地上に終末が訪れる時に、キリストが再び降臨して人々を救い出すことです。
ただし通常、Bergentrückungという語は「king in the mountain」や「sleeping king」と訳されます。King in the mountainとは、然るべき時が来るまで遠隔の地で眠る伝説的英雄のことを表しています。このような英雄は、アーサー王伝説を始めとするヨーロッパの民話・伝説でよく見られます。
ドイツ語版Wikipediaの「Bergentrückung」の記事には、「これらの概念に共通しているのは、人間が死ぬことなく人間世界から消え去り、地下世界で生き続けることである。したがって、これは携挙(Entrückung)の特別な形である」という記述があります。(ドイツ語は読めないのでGoogle翻訳で英語に訳してから日本語に直しました)
以上の説明を見て何かピンと来るものはあったでしょうか? では最後に、Bergentrückungに関するredditのコメントを一部(訳せそうな範囲で)紹介して終わりとします。

「今日知ったこと:Bergentrückungとは人が死なずに人間世界から消えることについてのモチーフ」
「いや、ドイツ語でking of the mountain。Asgoreに言及してる」
「そうだな。でもAsgoreは文字通り山の中の王だけど、真のKing in the mountainじゃない。それは必要とされるまで眠っている封じられた力のこと」
「多分ダブルミーニングで、ひとつは山の中の王であるAsgoreを、もうひとつは世界から消え去って地下世界で生き続ける主人公を指しているんじゃないかな」
「Asgoreは英雄じゃない。彼は必要とされたわけじゃない。ただ皆の希望のためにそうしなければいけなかっただけというか。彼はそもそも本当に地上を攻撃したいわけじゃないのに」
「だったら実に皮肉だな。眠れる王は結局、彼の臣民のために立ち上がる……」