msiexec.exeに/norestartオプションを指定しているにもかかわらず再起動してしまう問題があるようです。Google検索で「msiexec norestart」と入力すると「doesn't work」とサジェストが出て来るので、それなりに多く起こっているのだと思います。

具体的な話

筆者はSurface Pro 4とSurface ProにWindows 10をクリーンインストールして展開する際に、公式サイトから入手したドライバーとファームウェアのインストーラ(.msi)をmsiexecコマンドでサイレントインストールしていました。具体的には次のようなコマンドです。
  • start /wait msiexec /i <msiファイル> /quiet /norestart

しかし、このコマンドの実行が終わると「サインアウトしようとしています」と画面に表示されて、1分以内(おそらく30秒)で再起動してしまう問題が起こっていました。

私の場合は30秒経つ前にバッチファイルでshutdown /r /t 0のコマンドが動くようになっているので、そちらで再起動がかかるのですが、厄介なのは、再起動した直後にもう一度「サインアウトしようとしています」と表示されて再起動がかかってしまうところです。残留思念みたいな挙動やめてほしいです。

勝手な再起動に留まらず、最近はmsiファイルのインストールが完了していないのにコマンドが終了し、再起動してしまう問題まで起こるようになりました。これは、展開するWindows 10のバージョンを1709から1803に変更したSurface Proでのみ発生するようになった問題です。理由は不明ですが、同様に1803にしたSurface Pro 4では発生しませんでした。

結局のところ、筆者は/norestartオプションを外す(あるいは/forcerestartに変更する)ことで、これらの問題に対処しました。もしかすると、/quietオプションやstart /waitコマンドが悪さをしていたのかもしれませんが、その点は検証していないため不明です。