2019年6月現在、Windows 10 (Pro) Version 1903において、Windows Updateの「詳細オプション」の「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」という項目が消えてしまう問題があるようです。

発生条件と症状

機能更新や品質更新の延期可能な日数を「0」以外に設定してから、Windows Updateの「更新プログラムのチェック」をクリックすると、「更新プログラムをいつインストールするかを選択する」という項目と延期日数の選択項目が非表示になってしまいます。

5chでも、同様の問題が報告されているのが確認できますね。
>>910 によれば、この問題はおそらく表示上だけの問題であり、更新の延期自体は正しく機能しているものと思われます。

解決策

延期日数を「0」に戻すと、項目が表示されるようになる可能性があります。>>908 や >>919 はこの方法で表示されたようですが、>>910 はこの方法でも消えたままだったようです。

詳細な手順は、以下の通りです。

① 「Win」キー+「R」キーを押し、「regedit」と入力して「OK」

② 「コンピューター\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\WindowsUpdate\UX\Settings」の「DeferFeatureUpdatesPeriodInDays」を右クリック→「修正」→「値のデータ」を「0」にして「OK」

③ 「DeferQualityUpdatesPeriodInDays」も同様にする。

マイクロソフトサポートに報告してみた

Twitter経由でマイクロソフトサポート @MSHelpsJP に報告してみました。

回答は、「既知の問題は Windows 10、バージョン 1903 および Windows サーバー、バージョン 1903 に公開されていますが、報告していただいた問題については情報が見つかりませんでした。本件についてはこちらから担当部署へ報告いたしますが、よろしければお客様の方からも フィードバック Hub を使って Microsoft にフィードバックを送信する より、フィードバックを送信していただけると幸いです」というような内容でした。