わすれなぐさ

自称情報ブログ・備忘録

カテゴリ: PC

Windows 10の更新プログラム(Windows Update)が何度も失敗し、繰り返してしまうような状況のとき、どんな原因であれ、だいたいこの方法で解決できる感じがします。

大型アップデート(機能更新)に失敗するとき

① メディア作成ツールを使って、Windows 10のインストール用USBメモリを作成します。(詳しい作成方法は検索してください)
Windows 10 のダウンロード

② 作成したUSBメモリをPCに挿し、USBメモリ内のsetup.exeをダブルクリックして実行します。後は画面の指示に従ってください。

累積更新プログラムに失敗するとき

i) 未適用の大型アップデートがすでに配信されている場合
PCのWindows 10のバージョンが最新でない場合は、累積更新プログラムを無視して大型アップデートを適用してしまえばいいと思います。手順は上記の通りです。

ii) そうでない場合
適用可能な大型アップデートが無い場合は、オフラインインストーラーを使って累積更新プログラムを適用します。

① Microsoft Update Catalogで、失敗する更新プログラムを検索します。(検索する際は、KB番号で検索するのが一番確実ですが、分からなければ自分の環境に適合するキーワードで検索することもできます。例:「x64 windows 10 1709 累積更新」)
Microsoft Update カタログ

② 目的の更新プログラムを見つけたら、右の「ダウンロード」からダウンロードします。

③ ダウンロードしたファイル(.msu)をダブルクリックして実行します。後は画面の指示に従ってください。

Windows 10 April 2018 Update (1803)の影響で、かなり多くのPCが起動しなくなる・ブルースクリーンが多発する問題が発生しています。殊に、Surface Proについては深刻で、起動不能になるのと同時にBitLockerが有効化され、データの取り出しも不可能となる問題が起こっています。(事前に自分自身でBitLockerを有効化済みで、回復キーを保存している場合はデータの復旧が可能です。今回の問題の厄介な点は、意図せずBitLockerが有効になるため誰も内部のデータにアクセスできなくなることです)

症状

Surface ProにWindows 10 April 2018 Updateを適用した後、Windowsを起動することができず、「自動修復」や「問題が発生したため、PC を再起動する必要があります」というブルースクリーンエラーが繰り返し表示される。

原因

Surface Proに内蔵されているSSDとWindows 10 April 2018 Updateの問題です。
Windows 10 April Update 2018適用後、Intel製SSDシステムがクラッシュする問題が発生中 - PC Watch

Surface(Microsoft製)とWindows(Microsoft製)の相性問題でクラッシュするのは流石に草

対処法

メディア作成ツールを用いて作ったUSBメディアを起動し、ストレージのパーティションをすべて削除してWindows 10をクリーンインストールします。
Windows 10 のダウンロード

その他の可能性

もしかすると、SSDのクラッシュ問題ではなく、単にWindows 10の不具合でPCが正常起動しなくなっているだけの可能性もあります。その場合はデータを救出できる可能性が高いです。Windowsの「以前のバージョンに戻す」などの機能で復旧できるかもしれません。

もし、「以前のバージョンに戻す」を実行しようとしても回復キーの入力を求められて実行できない場合は、SSDのクラッシュ問題でBitLockerが有効化されてしまっているため、回復キーが無い限り内部のデータにアクセスすることは不可能です。

日本語で入力する際には基本的に鬱陶しいだけのCaps Lockキーを、Google 日本語入力で無効化する方法を紹介します。

設定方法

① デスクトップ画面右下の「あ」と書いてあるあたりを右クリックして「プロパティ」を開きます。
open google ime property

② 「キー設定の選択」の「編集」をクリックします。
google ime 0

③ 「入力キー」が「Eisu」(Caps Lockを指しているようです)になっているエントリーをすべて削除します。削除するには、右クリックして「エントリーを削除」を選びます。
google ime 1

④ 削除したら、「OK」を押してキー設定を閉じます。もう一度「OK」を押して、プロパティも閉じます。

以上で、Cpas Lockキーを無効化できました。Caps Lockキーを押してみて、何も反応しないことを確認してください。

通常、「設定 > システム > 電源とスリープ」で設定できるWindows 10のスリープ時間を、コマンドから変更する方法です。

コマンド

Powercfg.exe /change (または /X) に続けて次のオプションを指定します。
  • monitor-timeout-ac: ディスプレイの電源を切る (電源に接続時)
  • monitor-timeout-dc: ディスプレイの電源を切る (バッテリー駆動時)
  • standby-timeout-ac: PCをスリープ状態にする (電源に接続時)
  • standby-timeout-dc: PCをスリープ状態にする (バッテリー駆動時)

引数は分単位で指定します。

コマンドの例

電源接続時のスリープ時間を2時間にする:
powercfg /change standby-timeout-ac 120

電源接続時のスリープ時間を無限(なし)にする:
powercfg /x standby-timeout-ac 0

参考

詳しくは次の公式リファレンスをご覧ください。
Powercfg command-line options | Microsoft Docs

私自身、Microsoft Accessをちょっと触っただけの初心者なので、説明の正確性には期待できませんが、その代わり、初心者の立場から分かりやすく説明できるかもしれません。

クエリとは

クエリとは、表から取り出したデータで作った表です!

もう少し厳密に言うと、クエリとは、「表からどうやってデータを取り出すか?」を記述した問い合わせ文です。

次のような表Aがあったとします。

ID 商品名 価格
1 りんご 100
2 バナナ 70
3 みかん 40

そこで、次のような問い合わせ文(クエリ)を使ったとします。

SELECT 商品名, 価格 FROM 表A

すると、この問い合わせによって次の表が完成します。

商品名 価格
りんご 100
バナナ 70
みかん 40

これがクエリです(適当)。つまりクエリは、たくさんの情報が詰め込まれたデータベースから、その時必要な情報を取り出すのに役立ちます。

ちなみにクエリは、この例ではSQLという言語で書かれています。

このページのトップヘ