わすれなぐさ

自称情報ブログ・備忘録

カテゴリ: 外国語

Llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogochの発音を紹介します。

概要

Llanfairpwllgwyngyllgogerychwyrndrobwllllantysiliogogogochはウェールズ語(カムライグ)で、イギリスのウェールズにある地名です。

発音記号

[ˌɬan.vai̯r.pʊɬˌɡwɨ̞n.ɡɨ̞ɬ.ɡɔˌɡɛr.əˌχwɨ̞rnˌdrɔ.bʊɬˌɬan.təˌsɪl.jɔˌɡɔ.ɡɔˈɡoːχ]

出典:

読み方

スランヴァイルプルグウィンギルゴゲリホウィルンドロブルスランティシリオゴゴゴーホ

読みやすいように中点を打ち、アクセントを太字にすると:

スラン・ヴァイル・プル・グウィン・ギル・ゴリ・ホウィルンドロブル・スラン・ティリオ・ゴ・ゴーホ



発音の解説

ll [ɬ] は、無声歯茎側面摩擦音です。舌先を l [l] と同じように上の歯茎に当てて、舌の両側面に出来た隙間から息を出します。息が隙間を通るので「ス(s/th)」や「フ(h)」のような音が聞こえます。

lla [ɬa] のように、直後に母音が続くと、舌が歯茎から離れる時に、いわゆる「ラ」の音が出るので、lla [ɬa] は「スラ(sla/thla)」や「フラ(hla)」のように聞こえます。カタカナ表記としては、本稿では「スラ」を採用します。

逆に、pwll [pʊɬ] のように母音が後続しない場合、「ル」の音は殆ど出ないので、pwll [pʊɬ] は「プス(pus/puth)」や「プフ(puh)」のように聞こえます。ただし、カタカナ表記はスペルに合わせて「ル」としています。

y は、「イ」と「ウ」の中間くらいの音 [ɨ̞] または曖昧母音 [ə] です。カタカナ表記は、スペルに合わせて「イ」としています。

ch [χ] は、無声口蓋垂摩擦音です。口蓋垂(喉彦のこと)のあたりで「ハ(h)」を発音します。喉の奥から深い溜息をするイメージです。

カタカナ表記について

ウィキペディアでは現在、「スランヴァイルプールグウインゲルゴウゲールウクウィールンドロブウリスランダスイハオゴゴゴッ」と書かれています。過去には「ランヴァイル・プルグウィンギル・ゴゲリフウィルンドロブル・ランティシリオゴゴゴホ」と書かれていたようです。経緯はノートを参照:
これによると、llan は「スラン」と書いたほうがよさそうという指摘があった際にページ名が変わったようです。しかし、発音に近いかという点で言えば、改名前のほうが比較的適切でした。改名前の表記を、スランに変更し、中点を取ると「スランヴァイルプルグウィンギルゴゲリフウィルンドロブルスランティシリオゴゴゴホ」になり、本稿で採用した書き方とほぼ同じになります。

雰囲気を掴むのに使ってください。

歌詞

I peeked through the gate
アイ ピーク スルー ザ ゲイト
Found your hiding place
ファーウンジャー ハイディン プレイス
Feather pens scribble down your commands
フェーザ ペンズ スクリーボ ダウン ヤ コーメンズ
“Scientific Evocation"
サイエンティフィック エヴァケイシュン

Decomposing wolf fangs ------ x 163
ディー コーンポジ ウー ファングズ
Powdery moonlight ------------ x 2131g
パウダリ ムーンライ
Half a human --------------------x 1
ハーファ ヒューマン
Bite off your nail, paint a magic circle
バイ トフ ヤー ネ ペインタ マジック サーコ
Chanting the magic spell
チェーンティン ザ マージック スペウ
Summon me now
サモン ミー ナウ

Take my paws, take my paws
テイク マイ ポーズ テーイク マイ ポーズ
Show me wonders of your world
ショーウ ミ ワンダーゾーヴュア ワーウド
The autumn leaves, the summer breeze
ザー オータム リーヴ ザ サーマ ブリーズ
Your shiny hair like mahogany
ユア シャーイニ ヘア ライク マーホガニー
Teach me, oh teach me
ティーチ ミー オー ティーチ ミー
The language that you sing
ザ ラングウェジ ザッチュー シング

Lyrr viva tou conquieta
リーフ ヴィヴァ トゥー コンクウィーエータ
Aeterrno amora
アエテフノ アモラ

Crumbling gate
クランブーリン ゲイト
Take me back to empty space
テイミ バットゥー エンプティ スペイス
Reached out to your gentle hands
リーチト アウト トゥー ユーア ジェントー ヘンズ
Doors closed
ドアーズ クロズト
Clipped my arm right off
クリップト マイ アム ラーイトフ

Still you would never give up
スティウ ユー ウ ネーヴァ ギー ヴァップ
Scanning nether for my whereabouts
スキャーニン ネザ フォーマイ ウェラーバウツ
Howl
アウー
Summon me now
サモン ミー ナウ

Years gone by
イヤーズ ゴン バイ
No moments wasted
ノ モーメンツ ウェーイステッド
Day and night
デイ エン ナイト
No memories faded
ノー メーモリーズ フェイデッド
Six hundred and seventeen pages
シックス ハンドレッド エン セーヴンティン ペイジズ
Now've became the basis of all creations
ナウフ ビーケイム ザ ベイシ ソーヴォー クリーエイションズ

Hold on tight, hold on tight
ホウ ドン タイト ホーウ ドン タイト
Let me shield you from the storm
レッ ミー シウ ジュ フロム ザ ストーム
The melting flesh, the burning tears
ザ メウティン フレッシュ ザ バーニン ティアーズ
Make you stronger than ever before
メイ キュー ストロンガー ザン エーヴァ ビフォーア
Vive torr amora vrk
ヴィーヴェ トハ アモーラ ヴーク
The last words that you spoke
ザ ラス ワー ザッチュ スポーク
Oozing out from your tiny skull
ウージン ガウ フロームヤ タイニー スカウ
Thousand years' wisdom
サーアウザン ディヤ ウィーズダム

Take my paw, take my paw
テイク マイ ポー テーイク マイ ポー
You're the wonder of my world
ユアー ザ ワンダー オヴ マイ ワーウド
The wrinkled face, the silver hair
ザ ウィンコー フェイス ザ シウヴァ ヘア
Your crystal eyes stay a beautiful pair
ユア クリースタ ライ ステヤ ビューティフ ペーア
Teach me, oh teach me
ティーチ ミー オー ティーチ ミー
The magic that you preached
ザ マージック ザッチュー プリーチ
I tried to speak, all that came out was
アイ トライ トゥ スピー コー ザ ケイ マウ ワズ
Howl
アウー

Lyrr viva tou conquieta
リーフ ヴィヴァ トゥー コンクウィーエータ
Aeterrno amora
アエテフノ アモラ

あとがき

Googleで歌詞調べようと思って「Summoning 101 か」まで打ったら、「カタカナ」とサジェストが出てきたので、「お、サジェスト出るくらい皆が検索してるんなら書いてみるか」と思って書きました。

「ジュッセンパイヤー」、いかにもドイツ系の響きだが、ドイツ語で綴るとしたらどう書くのだろうか?

ジュ

まず「ジュ」だが、実は、ジュという音は本来のドイツ語に無い。そこで、近い音を持つ「sü」を使うのがまず1つめの案である。「sü」は「ズュ」のような音に近いが、カタカナで書く場合には「ジュ」としてもいいだろう。実際のドイツ語では、Süden(ジューデン=南)、süß(ジュース=甘い)、süßen(ジューセン=甘くなる・する)などに見られる。

もうひとつの案は、「ジュ」を含んだ外来語に現れる「dsch」を使うことである。英語の jungle に由来する Dschungel(ジュンゲル)などに見られる。しかし、外来語に使われる「dsch」をドイツ系の名前として使ってしまうのは変かもしれない。

ッセン

ドイツ語で「s+母音」はザ行を表すので、サ行を表現するには「ß+母音」か「ss+母音」とする必要がある。しかし「ß」は、「süßen(ジューセン)」のように ß の直前の母音を長音にしてしまう(※1)ので、ここでは「ss」を採用するのが良いだろう(※2)。

パイヤー

ドイツ人によくある姓として「マイヤー(マイアー)」があるので、これを参考にして「パイヤー」が作れそうである。しかし、「マイヤー」には、Meyer、Meier、Maier、Mayer、など、複数のスペルが存在する。どれがジュッセンパイヤーに最も相応しいかの判断は、各自に任せたい。

結論

「ジュッセンパイヤー」のスペルとしては、「Süssenpeyer」か「Süssenpeier」あたりが良いと思われる。

註釈

※1:ドイツ語では「強勢のある母音+子音1文字」と組み合わさるとき、強勢のある母音が長音になる性質がある。一方で「強勢のある母音+ss」のように、子音が2文字以上続けば、母音は短音になる。

※2:実際には、ドイツ語で「süssen」と書いても「ジュッセン」のように促音が挿入されるわけではなく、「ジュセン」に近い音で発音される。ただし、カタカナ表記の慣例として、こういう場所には促音を入れて書くことがよくあるので「ジュッセン」と書いていいだろう。英語でも「put」の発音は「プト」に近いが、カタカナでは「プット」と書かれるのと似ている。

参考文献

ロシア語入門の第一歩は、ロシア語の文字と発音を知るところから始まります。この記事では、ロシア語で使われている文字と、発音の規則を解説します。発音は、カタカナと国際音声記号(IPA)を用いて表記しています。

ロシア語の文字

ロシア語で使われる文字はキリル文字です。

文字 名称
А а а アー
Б б бэ ベー
В в вэ ヴェー
Г г гэ ゲー
Д д дэ デー
Е е е イェー
Ё ё ё ヨー
Ж ж жэ ジェー
З з зэ ゼー
И и и イー
Й й и краткое イー・クラートカエ (短いイー)
К к ка カー
Л л эль / эл エリ / エル
М м эм エム
Н н эн エヌ
О о о オー
П п пэ ペー
Р р эр エル
С с эс エス
Т т тэ テー
У у у ウー
Ф ф эф エフ
Х х ха ハー
Ц ц цэ ツェー
Ч ч че チェー
Ш ш ша シャー
Щ щ ща シシャー
Ъ ъ твёрдый знак トヴョールドゥイ・ズナーク (硬音記号)
Ы ы ы ゥイー
Ь ь мягкий знак ミャーフキー・ズナーク (軟音記号)
Э э э / э оборотное エー / エー・アバロートナエ (裏返したエー)
Ю ю ю ユー
Я я я ヤー


母音の発音

ロシア語の母音は10種類あり、硬母音と軟母音の対立があります。軟母音というのは、「ヤ」「イ」「ユ」「ヨ」のような「イ」の音を帯びた母音のことです。

硬母音 軟母音
文字 発音 文字 発音
а я ヤ (イ)
ы ゥイ и
у ю
э エ (イ) е イェ (イ)
о オ (ア) ё

ロシア語の母音は、強勢(アクセント)の有無によって発音が変わります。強勢がないときは、括弧書きのカタカナで発音されることがあります。

注意する母音
ы — 「ウ」と「イ」の中間的な音で発音します。カタカナで書くのは困難な音ですが、便宜のため無理やり「ゥィ」のように書きます。
 мы ムィ [mɨ] 私達
 ты ティ [tɨ] 君

э — 「エ」です。本来のロシア語ではほとんど使われませんが、強勢がないときは「イ」になります。外来語では常に「エ」です。
 это エータ [ˈɛtə] これ

о — 「オ」です。強勢がないときは「ア」になります。
 хорошо ハラショー [xərɐˈʂo] いいね

я — 「ヤ」です。強勢がなければ「イ」になりますが、語末では「ヤ」の場合もあります。
 я ヤ [ja] 私
 Япония イポーニヤ [(j)ɪˈponʲɪjə] 日本

е — 「イェ」です。強勢がなければ「イ」になりますが、語末では「イェ」になることもあるようです。
 нет ニェート [nʲet] いいえ
 звезда ズヴィスダー [zvʲɪzˈda] 星

強勢のある母音
ロシア語では、強勢のある母音は強く発音されます。少し長めに発音される傾向もあるので、カタカナで書くときは長音を付けることが多いです。この記事でもそのようにしています。

子音の発音

ロシア語の子音は、大きく分けると有声音と無声音に分けられます。それぞれ、日本語でいうところの濁音・清音に当たります。

有声子音 無声子音
文字 発音 文字 発音
有声音・無声音の対応がある
б [b] п [p]
в [v] ф [f]
г [g] к [k]
д [d] т [t]
ж [ʐ] ジュ (反り舌) ш [ʂ] シュ (反り舌)
з [z] с [s]
有声音・無声音の対応がない
й [j] 英語の y
л [l]
м [m]
н [n]
р [r] 巻き舌の r
х [x] k と h の中間
ц [ts] ツ
ч [tɕ] チ
щ [ɕː] シシ、ッシ

й — 英語の y と同様、短いイの音です。

р — ルルルル…と巻き舌で発音します。日本人の中には上手くできない人もいるので、そういう人は練習するしかありません。

х — k を発音するときのように喉を擦る感じで h を発音します。中国語の h や、ドイツ語の ch と同じです。
 холодный ハロードヌイ [xɐˈlodnɨj] 寒い

щ — 日本語で「アッシュ」や「ネッシー」と発音したときの「ッシ」に当たります。鋭い「シ」に聞こえます。昔は「シチ」と発音されていました。
 борщ ボルシッ [borɕː] ボルシチ

無声化
有声音・無声音の対応がある有声子音が、語末や、無声子音の直前にあるとき、無声音になります。これを無声化と言います。
 союз サユース [sɐˈjus] 連邦、ソユーズ
 водка ヴォートカ [ˈvotkə] ウォッカ
 завтра ザーフトラ [ˈzaftrə] 明日

軟音記号 ь は、無声化するかどうかを判断するときには無視して考えます。
 любовь リュボーフィ [lʲʊˈbofʲ] 愛

後ろに単語が続く場合は、その単語の頭文字から判断します。
 в Японии ヴ イポーニイ 日本で
 в Канаде フ カナーヂェ カナダで

有声化
無声子音 к, т, с が、有声子音 б, г, д, ж, з の直前にあるとき、有声音になります。これを有声化といいます。
 вокзал ヴァグザール [vɐɡˈzal] 駅
 просьба プロージバ [ˈprozʲbə] お願い
 Как дела? カーグ ヂラー [kaɡ dʲɪˈɫa] 調子はどう?

軟音記号 ь と軟子音
軟音記号 ь は、直前の子音を軟音化する記号です。

例えば、к は「カ」「ク」「ケ」「コ」の子音ですが、кь は「キ」の子音です。子音なので、実際に「イ」が発音されるわけではないことに注意してください。ひそひそ声で「ク、ク、ク」「キ、キ、キ」と言ってみると、少し違いが感じられると思います。
 Очень приятно オーチニ プリヤートナ [ˈot͡ɕɪnʲ prʲɪˈjatnə] はじめまして
 словарь スラヴァーリ [slɐˈvarʲ] 辞書
 только トーリカ [ˈtolʲkə] ただ

子音の後ろに軟母音が続く場合も、軟子音になります。

次の4つの軟子音は、特に発音が難しいと思われるので、説明しておきます。

дь — 「ディ」と「ジ(ヂ)」の中間的な音です。「ディ」をできるだけ「ジ(ヂ)」に近づけるイメージで発音します。カタカナでは表しきれない音ですが、この記事では「ヂ」と書くことにしています。
 один アヂーン [ɐˈdʲin] 1
 день ヂェーニ [dʲenʲ] 日、昼

ть — 「ティ」と「チ」の中間的な音です。これもカタカナで書くのは難しいですが、この記事では「チ」としています。
 любить [リュビーチ] 愛する
 Извините イズヴィニーチェ [ɪzvʲɪˈnʲitʲe] すみません

зь — 「ズィ」と「ジ」の中間的な音です。この記事では「ジ」としています。
 земля ジムリャー [zʲɪˈmlʲa] 地球、土地

сь — 「スィ」と「シ」の中間的な音です。この記事では「シ」としています。
 Спасибо スパシーバ [spɐˈsʲibə] ありがとう

例外的な発音
【後で書きます】 シシャースチエ ться シトー тс 長子音 г

ソ連国歌、通称「祖国は我らのために」のカタカナ歌詞です。とりあえず1944年版の歌詞を掲載してみました。そのうち歌詞の書き換えや追記を行う予定です。

歌詞(1944年~)

Союз нерушимый республик свободных
サ/ユース ニェール/シームィ リェス/プーブリック スヴァ/ボードヌィフ
Сплотила навеки Великая Русь.
スプラ/ティーラ ナ/ヴィェーキ ヴェ/リーカヤ /ルース
Да здравствует созданный волей народов
ダ /ズドラーストヴーイェット /ソーズダヌィ /ヴォーリィ ナ/ローダフ
Единый, могучий Советский Союз!
イェ/ディーヌィ マ/グーチィ サ/ヴィェーツキィ サ/ユース

Славься, Отечество наше свободное,
/スラーフ/スャ ア/ティェーチェスト/ヴァ /ナー/シェ スヴァ/ボードナ/イェ
Дружбы народов надёжный оплот!
/ドゥルージブィ ナ/ローダフ ナ/ジョージヌィ アップ/ロート
Знамя советское, знамя народное
/ズナー/ミャ サ/ヴィェーツカ/イェ /ズナー/ミャ ナ/ロードナ/イェ
Пусть от победы к победе ведёт!
/プースチ アット パ/ビェーディック パ/ビェージェ ヴェ/ジョート

Сквозь грозы сияло нам солнце свободы,
(スク)ヴォス /グローズィ スィ/ヤーラー ナム /ソーンツェ スヴァ/ボーディ
И Ленин великий нам путь озарил:
イ /リェーニン ヴェ/リーキィ ナム /プーチ アーザ/リール
Нас вырастил Сталин — на верность народу,
ナス /ヴィーラスティル /スターリン ナ /ヴィェールナスチ ナ/ロードゥ
На труд и на подвиги нас вдохновил!
ナ /トゥルード イ ナ /ポーッドヴィギ /ナース ヴダーフナ/ヴィール

Славься, Отечество наше свободное,
/スラーフ/スャ ア/ティェーチェスト/ヴァ /ナー/シェ スヴァ/ボードナ/イェ
Счастья народов надёжный оплот!
/シシャースティヤ ナ/ローダフ ナ/ジョージヌィ アップ/ロート
Знамя советское, знамя народное
/ズナー/ミャ サ/ヴィェーツカ/イェ /ズナー/ミャ ナ/ロードナ/イェ
Пусть от победы к победе ведёт!
/プースチ アット パ/ビェーディック パ/ビェージェ ヴェ/ジョート

Мы армию нашу растили в сраженьях.
ムィ /アールミユ /ナーシュー ラス/ティーリフ スラ/ジェーニャフ
Захватчиков подлых с дороги сметём!
ザフ/ヴァーッチーカフ /ポーッドルィフ ダ/ローギー スミ/チョーム
Мы в битвах решаем судьбу поколений,
ムィヴ /ビートヴァフ リェ/シャーイェム スッジ/ブー パカ/リェーニィ
Мы к славе Отчизну свою поведём!
ムィック /スラーヴィェ アッ/チーズヌ スヴァ/ユー パーヴェ/ジョーム

Славься, Отечество наше свободное,
/スラーフ/スャ ア/ティェーチェスト/ヴァ /ナー/シェ スヴァ/ボードナ/イェ
Славы народов надёжный оплот!
/スラーヴィ ナ/ローダフ ナ/ジョージヌィ アップ/ロート
Знамя советское, знамя народное
/ズナー/ミャ サ/ヴィェーツカ/イェ /ズナー/ミャ ナ/ロードナ/イェ
Пусть от победы к победе ведёт!
/プースチ アット パ/ビェーディック パ/ビェー/ジェ ヴェ/ジョート

歌詞(1977年~)

Союз нерушимый республик свободных
Сплотила навеки Великая Русь.
Да здравствует созданный волей народов
Единый, могучий Советский Союз!

Славься, Отечество наше свободное,
Дружбы народов надёжный оплот!
Партия Ленина — сила народная
Нас к торжеству коммунизма ведёт!

Сквозь грозы сияло нам солнце свободы,
И Ленин великий нам путь озарил:
На правое дело он поднял народы,
На труд и на подвиги нас вдохновил!

В победе бессмертных идей коммунизма
Мы видим грядущее нашей страны,
И Красному знамени славной Отчизны
Мы будем всегда беззаветно верны!

このページのトップヘ