わすれなぐさ

自称情報ブログ・備忘録

カテゴリ: 外国語

ドイツの軍歌「パンツァーリート(Panzerlied、戦車の歌の意味)」の歌詞をドイツ語、和訳、カタカナ発音で紹介します。今のところ1番の歌詞だけです。

カタカナ発音は、長音を挟むなどして若干歌いやすくしています。

歌詞(Liedtext)

Ob's stürmt oder schneit,
嵐でも雪でも
オプス シュテュールムト オーダー シュナイト
Ob die Sonne uns lacht,
太陽が我らに微笑んでも
オプ ディー ゾーンネー ウンス ラハト
Der Tag glühend heiß
熱く灼ける昼
デア ターク グリューエント ハイス
Oder eiskalt die Nacht.
凍える寒さの夜
オーダー アイスカールト ディー ナハト
Bestaubt sind die Gesichter,
埃が顔に掛かっても
ベシュタウプト ズィント ディー ゲーズィーイッヒター
Doch froh ist unser Sinn,
喜びが我らの心に
ドッホ フロー イスト ウンザー ズィン
Ist unser Sinn;
我らの心に
イスト ウンザー ズィン
Es braust unser Panzer
我らの戦車は突き進む
エス ブラウスト ウンザー パンツァー
Im Sturmwind dahin.
暴風の中を
イム シュトゥールムヴィント ダーイン

※歌詞5行目は「Verstaubt sind die Gesichter(フェアシュタウプト …)」もよく見られる。
※歌詞7行目は「Ja, unser Sinn(ヤー …)」もよく見られる。

vkusno

アニメ「ユーリ!!! on ICE」のヴィクトルがあまりにも「フクースナ」を連呼するので、その意味を解説したいと思います。

意味

「フクースナ」は「Вкусно」と書いて「おいしい」の意味です。ちなみに、文章で「Это вкусно (エータ フクースナ)」と言えば「これはおいしい」の意味になります。

発音

発音についても軽く解説します。キリル文字の「вкусно」は、ラテン文字に書き直すと「vkusno」になります。しかし、「k」が無声音であるため、その直前の「v」も無声音の「f」に変わって発音されます。さらに、この単語の強勢(アクセント)は「u」にあるので、「o」には強勢がありません。強勢のない「o」は弱い「a」のように発音されます。結局、発音は「fkusna」のようになります。カタカナで書くと、強勢のある母音を伸ばして書くことが多いので、「フクースナ」と書かれます。

文法

「вкусно」という単語は、「おいしい」という意味の形容詞「вкусный(フクースヌイ)」の変化した形です。具体的に言うと「短語尾中性」の形です。この短語尾中性の形にすることで「~だね!」という意味を表せます。つまり「вкусно」で「おいしい!」や「おいしいね!」を表せます。ちなみに「вкусный」は「長語尾主格男性」の形で、形容詞の原形といえるものです。

この他にも、よく使われる短語尾中性形の形容詞があるので以下に列挙します。聞いたことがある単語があるかもしれませんね。表を見て分かるとおり、短語尾中性形はどれも語尾が「-о」になります。ただしそれを「ア」と読むか「オー」と読むかは単語によります。

原形 短語尾中性形 意味
хороший (ハローシー) хорошо (ハラショー) 良い、素晴らしい
плохой (プラホーイ) плохо (プローハ) 悪い
жаркий (ジャールキー) жарко (ジャールカ) 暑い
холодный (ハロードヌイ) холодно (ホーラドナ) 寒い、冷たい
приятный (プリヤートヌイ) приятно (プリヤートナ) 楽しい、心地いい
конечный (カニェーチヌイ) конечно (カニェーシナ) もちろん

おまけ:参考動画

ちょうど「вкусно」を紹介している日本語の動画があったので紹介します。



Ads

「クッキー☆」で英語を学べないかと思って調べていたらちょうどいい教材が見つかったので初投稿です。

元動画:英訳版クッキー☆ - ニコニコ動画:GINZA

本文と解説

Ah.
ぷはー

Yet another day with wonderful weather.
今日もイイ天気
- yet another: さらにもうひとつの

Hey, Reimu. Are you slacking off again?
あ、霊夢。またサボり?
- slack: 緩む, 弛む

I'm taking a break, duh.
休憩中よ

Hmph, she'll probably take a break for the entire day.
きっと今日は休憩の日なんだよ
- for the entire day: 一日中

And what about tomorrow?
じゃあ、明日は?
- 「What about」で「~はどうなの?」という質問
- 「How about」で「~しませんか?」というお誘い

The day the shrine is finished, haha.
神社閉店の日

Take this!
くぉら!

Ouch!
きゃっ!

Hm... You guys are really good friends, huh.
あ~、アンタたち、ホントに仲いいわね……

Oh, yeah. I brought a present for you, Reimu!
そうそう、今日は霊夢のために、お土産を持って来たのよ!

Oh, thank you.
あら、ありがとう。

Right, I'll go make some tea for you guys.
それじゃあお茶を用意するわね
- 「go make」のような動詞の連続は「go and make」の省略と考える

Reimu. Gimme special quality tea, please!
霊夢ぅ~、特級茶葉で頼む!
- Gimme = Give me

Sure thing... Is Kyubancha ok?
はいはい……⑨番茶でいいわね?
- sure thing: もちろん, いいとも, そうだね

The brownies that Alice makes are delicious.
やっぱりアリスが作るブラウニーは美味いな

The dough is moist but not sticky, and it has a refreshing sweetness to it.
生地がしっとりしていて、それでいてベタつかないスッキリした甘さだ

Did you use Van Hauten for the cocoa?
ココアはバンホーテンの物を使用したのかな?

Ah-haha. Thanks, Marisa.
フフフ、ありがとう魔理沙

They're really delisious.
ホントに美味しいわね

But it's always been Alice who makes them.
でも、作るのはいつもアリスね
- it's been = it has been
- it = who makes them

Have you ever made snacks before, Marisa?
魔理沙が作ったりとかしないの?
- Have you (ever) + 過去分詞: ~したことある?(経験を問う)

What do you mean? Of cource I can make snacks too!
えー?私だって作ることはあるぜ?
- mean: 意味する, つもりで言う

Oh? I wonder if we have ever eaten the snacks Marisa made...
あら?魔理沙が作ったお菓子なんて食べたことあったかしら?
- wonder if: ~かどうか疑問に思う, ~かな?

If Alice has never eaten them, then no one else has either, right?
アリスが食べたことなかったら誰も食べたこと無いんじゃない?
- never: 今までに一度も~ない, everの逆
- then: それなら
- either: もまた~ない(副詞)
- right?: (文末に付加して)だよね?

That is so wrong!
そんなことないだろ!?
- 「that」で相手の台詞を指す

I did make some for you before, Alice!
この前、作ってやったハズだぜ!
- 「I do make」は「I make」の強調
- 「I did make」は「I made」の強調


Look, it was a return gift for the Valentine's Day present you gave me...
ほら、この前もらったバレンタインのおか……え……

Really?
もらったかしら?

Uh...
あーっ……
- 「ウー」じゃなくて「アー」と発音

I also gave you something, but never got anything in return.
わたしもあげたけど、お返し無いわね~
- in return: お返しに

Though what I gave you was obligation chocolate.
……義理だけど
- though: (文頭または文末に置いて)~だけど

Ahhhhhhhhh!! I forgot!
あああああああああ!!忘れてたああああ!
- forget: 忘れている=忘れた
- forgot: 忘れていた


Are you ok, Marisa?
わっ!ちょっと魔理沙!?

Sorry, I forgot about White Day!
ホワイトデイ!ごめん!!忘れてた!

Alice! Could you be patient a little longer?
そこでだアリス!悪いがもう少しだけ、追加で待っててくれないか?
- patient: 忍耐強い

Only you will receice a wonderful present if you'd just wait, maybe!
待っていたらたぶん、魔理沙さんの素敵なプレゼントが先着1名様にもれなく配られることになるはずだ!たぶん!
- 「only」は基本的に直後の語を修飾する
- if you'd = if you would: if節に「would」を入れると相手の意志を尊重する形になる。ゆえに丁寧な言い方ともいえる
- just: ただ, 単に

"Only you"... Hold on! What about me? I'm not gonna get anything?
先着1名……私には無いのね
- gonna = going to: ~する予定だ

Reimu, you oughta be tougher than that!
霊夢はたくましく行きていてくれ!
#oughta = ought to: ~すべきだ, ~したほうがいい

Hey, wait!
ちょっと待て!!!

Well, seeya!
では諸君っ!さらばだー!!
- seeya = see you

シューベルト作曲の「魔王」の歌詞をカタカナ付きで紹介します。

「魔王」とは

「魔王(Erlkönig)」とは、シューベルト(Franz Schubert)作曲の歌曲です。その歌詞は、ゲーテ(Johann Wolfgang von Goethe)による詩「魔王」が元になっています。

歌詞

Wer reitet so spät durch Nacht und Wind?
ヴェール ライテット ゾー シュペート ドゥルヒ ナハト ウント ヴィント
Es ist der Vater mit seinem Kind;
エス イスト デール ファーテル ミット ザイネム キント
Er hat den Knaben wohl in dem Arm,
エール ハット デーン クナーベン ヴォール イン デーム アルム
Er faßt ihn sicher, er hält ihn warm.
エール ファスト イーン ズィッヒェル エール ヘルト イーン ヴァルム

"Mein Sohn, was birgst du so bang dein Gesicht?"
マイン ゾーン ヴァス ビルクスト ドゥー ゾー バン ダイン ゲズィヒト
"Siehst, Vater, du den Erlkönig nicht?
ズィースト ファーテル ドゥー デーン エルルケーニヒ ニヒト
Den Erlenkönig mit Kron und Schweif?"
デーン エルレンケーニヒ ミット クローン ウント シュヴァイフ
"Mein Sohn, es ist ein Nebelstreif."
マインゾーン エス イスト アイン ネーベルシュトライフ

"Du liebes Kind, komm, geh mit mir!
ドゥー リーベス キント コム ゲー ミット ミール
Gar schöne Spiele spiel' ich mit dir;
ガール シェーネ シュピーレ シュピール イヒ ミット ディール
Manch' bunte Blumen sind an dem Strand,
マンシュ ブンテ ブルーメン ズィント アン デーム シュトラント
Meine Mutter hat manch gülden Gewand."
マイネ ムッテル ハット マンシュ ギュルデン ゲヴァント

"Mein Vater, mein Vater, und hörest du nicht,
マイン ファーテル マイン ファーテル ウント ヘーレスト ドゥー ニヒト 
Was Erlenkönig mir leise verspricht?"
ヴァス エルレンケーニヒ ミール ライゼ フェルシュプリヒト
"Sei ruhig, bleibe ruhig, mein Kind;
ザイ ルーイヒ ブライベ ルーイヒ マイン キント 
In dürren Blättern säuselt der Wind."
イン デュレン ブレッテルン ゾイゼルト デール ヴィント

"Willst, feiner Knabe, du mit mir gehn?
ヴィルスト ファイネル クナーベ ドゥー ミット ミール ゲーン
Meine Töchter sollen dich warten schön;
マイネ テヒテル ゾレン ディヒ ヴァルテン シェーン
 
Meine Töchter führen den nächtlichen Reihn,
マイネ テヒテル フューレン デーン ネヒトリッヒェン ライン
Und wiegen und tanzen und singen dich ein."
ウント ヴィーゲン ウント タンツェン ウント ズィンエン ディヒ アイン (繰り返す)

"Mein Vater, mein Vater, und siehst du nicht dort
マイン ファーテル マイン ファーテル ウント ズィースト ドゥー ニヒト ドルト
Erlkönigs Töchter am düstern Ort?"
エルルケーニヒス テヒテル アム デューステルン オルト
"Mein Sohn, mein Sohn, ich seh es genau
マイン ゾーン マイン ゾーン イヒ ゼー エス ゲナオ
Es scheinen die alten Weiden so grau."
エス シャイネン ディー アルテン ヴァイデン ゾー グラオ

"Ich liebe dich, mich reizt deine schöne Gestalt;
イヒ リーベ ディヒ ミヒ ライツト ダイネ シェーネ ゲシュタルト
Und bist du nicht willig, so brauch ich Gewalt."
ウント ビスト ドゥー ニヒト ヴィリヒ ゾー ブラオホ イヒ ゲヴァルト
"Mein Vater, mein Vater, jetzt faßt er mich an!
マイン ファーテル マイン ファーテル イェツト ファスト エール ミヒ アン
Erlkönig hat mir ein Leids getan!"
エルルケーニヒ ハット ミール アイン ライツ ゲターン

Dem Vater grauset's, er reitet geschwind,
デーム ファーテル グラオゼッツ エール ライテット ゲシュヴィント
Er hält in Armen das ächzende Kind,
エール ヘルト イン アルメン ダス エヒツェンデ キント
Erreicht den Hof mit Müh' und Not;
エルライヒト デーン ホーフ ミット ミュー ウント ノート
In seinen Armen das Kind war tot.
イン ザイネン アルメン ダス キント ヴァール トート

補足・発音のアドバイス

ドイツ語のRは口蓋垂(喉彦)を震わせて発音する、いわゆる「パリのR音」であり、日本語のラ行(舌を弾く音)とは異なります。

音節末のRは「舞台発音」に沿って「ル」と書きましたが、上述のように日本人には難しい発音なので、「ア」と読んだほうがいいかもしれません。
・mir:ミール→ミーア
・Erlkönig:エルルケーニヒ→エアルケーニヒ
・Vater:ファーテル→ファーター

長母音のEは「エー」というより、「イー」に近く聞こえます。
・den:デーン→ディーン
・gehn:ゲーン→ギーン

歌詞は以下のサイトを参考にしました。ただし「bleib」と書いてある部分は間違いっぽいので「bleibe」に書き換えています。
http://www1.cpdl.org/wiki/index.php/Der_Erlk%C3%B6nig_(Franz_Schubert)

色名のドイツ語の一覧です。発音をIPAとカタカナ表記で示しました。

※ドイツ語は全ての名詞の頭文字を大文字で書きます。色の場合、形容詞として書くときは全て小文字で書いて構いませんが、名詞で書くときは必ず最初を大文字で書きます。

色(Farben)

ドイツ語IPAカタカナ意味
Farbe[ˈfaʁbə]ファルベ
primär[pʀiˈmɛːɐ̯]プリメール, プリメーア一次の
sekundär[ˌzekʊnˈdɛːɐ̯]ゼクンデール, ゼクンデーア二次の
tertiär[ˌtɛʁˈʦi̯ɛːɐ̯]テルツィエール, テルツィエーア三次の
unbunt[ˈʊnbʊnt]ウンブント無彩色の
※「Farbe」の複数形が「Farben」です。

原色(Primärfarben)
ドイツ語IPAカタカナ意味
Rot[ʀoːt]ロート赤色
Gelb[ɡɛlp]ゲルプ黄色
Blau[blaʊ̯]ブラウ, ブラオ青色

二次色(Sekundärfarben)
ドイツ語IPAカタカナ意味
Violett[vi̯oˈlɛt]ヴィオレット菫色, 紫色
Lila[ˈliːla]リーラライラック色, 藤色, 紫色
Cyanツュアーン青緑色, 水色
Türkis[tʏʁˈkiːs]テュルキース青緑色, 水色, ターコイズブルー
Orange[oˈʀãːʒə], [oˈʀaŋʒə]オラーンジェ, オランジェ橙色
Grün[ɡʀyːn]グリューン緑色

三次色(Tertiärfarben)
ドイツ語IPAカタカナ意味
Purpur[ˈpʊʁpʊʁ]プルプル紫色, 赤紫色, 深紅色
Magenta赤紫色, Purpurよりも明るい
Braun[bʀaʊ̯n]ブラウン, ブラオン茶色
Oliv[oˈliːf]オリーフ濃い緑色, オリーブ色

無彩色(Unbuntfarben)
ドイツ語IPAカタカナ意味
Weiß[vaɪ̯s]ヴァイス白色
Grau[ɡʀaʊ̯]グラウ, グラオ灰色
Schwarz[ʃvaʁʦ]シュヴァルツ黒色

その他
ドイツ語IPAカタカナ意味
Roza[ˈʀoːza]ローザ桃色
Beige[beːʃ], [bɛːʃ]ベーシュ肌色
Scharlachrot[ˈʃaʁlaχˌʀoːt]シャルラッハロート緋色, スカーレット
Zinnoberrot[ʦɪˈnoːbɐˌʀoːt]ツィノーバーロート朱色, バーミリオン
Zitronengelb[ʦiˈtʀoːnənˌɡɛlp]ツィトローネンゲルプレモン色
Azurblau[aˈʦuːɐ̯ˌblaʊ̯]アツールブラウ, アツーアブラウ紺碧
Hellblau[ˈhɛlˌblaʊ̯]ヘルブラウ水色
Himmelblau[ˈhɪml̩blaʊ̯]ヒメルブラウ, ヒンメルブラウ空色
Dunkelblau[ˈdʊŋkəlˌblaʊ̯],
[ˈdʊŋkl̩ˌblaʊ̯]
ドゥンケルブラウ藍色, ダークブルー
Königsblau[ˈkøːnɪçsˌblaʊ̯]ケーニヒスブラウロイヤルブルー
Lilablassblauリーラブラスブラウ薄紫色
Fliederviolett[ˈfliːdɐˌvi̯olɛt]フリーダーヴィオレット紫陽花色
Schwarzbraun[ˈʃvaʁʦbʀaʊ̯n]シュヴァルツブラウン焦げ茶色
Aschgrau[ˈaʃˌɡʀaʊ̯]アッシュグラウ灰白色
※カタカナの表記揺れのうち、既に記載したものは省いています。例えば「Aschgrau」は「アッシュグラオ」とも書けます。

参考


このページのトップヘ