わすれなぐさ

自称情報ブログ・備忘録

タグ:トラブル

Windows 10の更新プログラム(Windows Update)が何度も失敗し、繰り返してしまうような状況に陥ることがあります。そんなときは、だいたい以下の方法で解決できる気がします。

大型アップデート(機能更新)に失敗するとき

① メディア作成ツールを使って、Windows 10のインストール用USBメモリを作成します。(詳しい作成方法は検索してください)
Windows 10 のダウンロード

② 作成したUSBメモリをPCに挿し、USBメモリ内のsetup.exeをダブルクリックして実行します。後は画面の指示に従ってください。

累積更新プログラムに失敗するとき

i) 未適用の大型アップデートがすでに配信されている場合
PCのWindows 10のバージョンが最新でない場合は、累積更新プログラムを無視して大型アップデートを適用してしまえばいいと思います。手順は上記の通りです。

ii) そうでない場合
適用可能な大型アップデートが無い場合は、オフラインインストーラーを使って累積更新プログラムを適用します。

① Microsoft Update Catalogで、失敗する更新プログラムを検索します。(検索する際は、KB番号で検索するのが一番確実ですが、分からなければ自分の環境に適合するキーワードで検索することもできます。例:「x64 windows 10 1709 累積更新」)
Microsoft Update カタログ

② 目的の更新プログラムを見つけたら、右の「ダウンロード」からダウンロードします。

③ ダウンロードしたファイル(.msu)をダブルクリックして実行します。後は画面の指示に従ってください。

Windows 10 April 2018 Update (1803)の影響で、かなり多くのPCが起動しなくなる・ブルースクリーンが多発する問題が発生しています。殊に、Surface Proについては深刻で、起動不能になるのと同時にBitLockerが有効化され、データの取り出しも不可能となる問題が起こっています。(事前に自分自身でBitLockerを有効化済みで、回復キーを保存している場合はデータの復旧が可能です。今回の問題の厄介な点は、意図せずBitLockerが有効になるため誰も内部のデータにアクセスできなくなることです)

症状

Surface ProにWindows 10 April 2018 Updateを適用した後、Windowsを起動することができず、「自動修復」や「問題が発生したため、PC を再起動する必要があります」というブルースクリーンエラーが繰り返し表示される。

原因

Surface Proに内蔵されているSSDとWindows 10 April 2018 Updateの問題です。
Windows 10 April Update 2018適用後、Intel製SSDシステムがクラッシュする問題が発生中 - PC Watch

Surface(Microsoft製)とWindows(Microsoft製)の相性問題でクラッシュするのは流石に草

対処法

メディア作成ツールを用いて作ったUSBメディアを起動し、ストレージのパーティションをすべて削除してWindows 10をクリーンインストールします。
Windows 10 のダウンロード

その他の可能性

もしかすると、SSDのクラッシュ問題ではなく、単にWindows 10の不具合でPCが正常起動しなくなっているだけの可能性もあります。その場合はデータを救出できる可能性が高いです。Windowsの「以前のバージョンに戻す」などの機能で復旧できるかもしれません。

もし、「以前のバージョンに戻す」を実行しようとしても回復キーの入力を求められて実行できない場合は、SSDのクラッシュ問題でBitLockerが有効化されてしまっているため、回復キーが無い限り内部のデータにアクセスすることは不可能です。

2018/02/02 更新

ノートPC(Surface Pro)で動画や生放送を見ていると、頻繁にWi-Fiが途切れて映像が止まってしまう問題がありました。タスクマネージャーで確認すると、他のデータのダウンロードでは十分な(数十Mbpsの)通信速度が出ているにも拘らず、動画・生放送の視聴時にはよく0kbpsになっているようでした。

いろいろと悩んだ結果、電源設定をパフォーマンス重視に変更するとかなり改善されることが分かりました。Surface Proでは、右下のタスクバーから電源設定が開けるので、そこで設定を変更できます。他のPCでは、コントロールパネル上で設定できます。

また、Wi-Fiドライバーの節電設定も見直してみると、効果があるかもしれません。Surface Proであれば、デバイスマネージャーを開き、ネットワークアダプターの中から「Marvell AVASTAR Wireless-AC Network Controller」を探してプロパティを開き、「詳細設定」タブに切り替えて「WMM-PS」を「High Performance」に設定します。他のPCでも、Wi-Fiドライバーに「PS」や「Power Save」に関する設定があれば、見直してみましょう。

Google日本語入力で「はてなマーク」「クエスチョンマーク」を入力してエンターした際、勝手に予測候補が入力されて誤爆した経験はないでしょうか?

実はこれは、サジェストを表示中にShift+Enterを押すと最初の予測候補で入力確定してしまう機能のせいです。つまり、「?」を打ったとき稀に勝手に変換されてしまうのは、「?」を打つときのShiftを押したままEnterを押してしまうからなんですね。

この機能をオフにするには、Google日本語入力のプロパティを開いて、「キー設定の選択」の「編集」をクリックし、「サジェスト表示中 | Shift Enter | 最初の予測候補を確定」を削除してください。(※プロパティを開くにはデスクトップ右下の「あ」(または「A」)の部分を右クリックします)

参考:Shift+Enterによるサジェスト第一候補の自動確定の切り替え - Google プロダクト フォーラム

2017/6/11 追記:6月6日頃にリリースされたビルド16.8201.2075で問題は修正されたようです。Officeをいち早く手動でアップデートするには、Wordなどを開き、新しいドキュメントを作成し、左上の「ファイル」→「アカウント」を選び、「更新オプション」で「今すぐ更新」をクリックしてください。更新後、私が今まで無効にしていたOfficeBackgroundTaskHandlerRegistrationを有効に戻してみましたが、例のウィンドウは現れなくなりました。

数日前から、コマンドプロンプトのようなウィンドウが定期的に一瞬出て来るようになりました。しばらく無視していたのですが、さすがに鬱陶しくなってきたので対処することにしました。

当方の環境は、Windows 10 Pro 64-bit 1607 (Anniversary Update)です。(追記:Creators Update適用済みのPCでも同様の問題が発生するようです)

原因を特定する

インターネットで検索したところ、すでに同じ症状について書かれた日本語の記事がありました。
何かのウインドウが一瞬開いて閉じる - demandosigno

これによると、謎のウィンドウはちょうど1時間ごとに出現しているようです。

この記事の方は、画面を録画するという力業でウィンドウの内容を特定したようなので、私もGeForce Experienceを使って録画してみました。捉えられたウィンドウのタイトルにはC:\Program Files\Microsoft Office\root\Office16\officebackgroundtaskhandler.exeと書かれていました。

office bug 1

どうやらMicrosoft Officeが原因だったようです。確かに私のPCにもMicrosoft Office 365 ProPlusがインストールされています。

ウィンドウが定期的に現れるのは、OfficeBackgroundTaskHandlerRegistrationというタスクがスケジュールされていることが原因だそうです。というわけで、タスクスケジューラを確認してみましょう。

タスクスケジューラを確認する

デスクトップの左下(「ここに入力して検索」の所)に「タスク スケジューラ」あるいは「taskschd.msc」と入力して検索すれば「タスク スケジューラ」が見つかると思います。

左側の「タスク スケジューラ ライブラリ」→「Microsoft」→「Office」を開くと、「OfficeBackgroundTaskHandlerRegistration」が「タスクの作成または変更時 - トリガーされた後、1 時間 ごとに無期限に繰り返します。」となっているのが見つかります。

office bug 2

すでに報告されている解決策は、OfficeBackgroundTaskHandlerRegistrationを右クリック→「プロパティ」で、「ユーザーまたはグループの変更...」をクリック、「選択するオブジェクト名を入力してください」に「system」と入力して「OK」→「OK」とすることです。ただし、「セキュリティの観点から、最善の解決策ではない」とコメントが添えられているので、これを実行する場合は自己責任で実施しましょう。また、将来バグが修正された頃には設定を元に戻すとよいでしょう。(おそらく「users」と入力すれば設定を元に戻せます)
OfficeBackgroundTaskHandlerRegistration flashes a window every hour - Microsoft Community


一方で私は、OfficeBackgroundTaskHandlerRegistrationを右クリック→「無効」にしました。一応これでウィンドウの出現はしなくなります。おそらく無効にしても大した問題はないと思いますが、自己責任でお願いします。設定はそのうち有効に戻すつもりです。

おまけ:もう少し賢いプロセス確認の仕方

今回、画面を録画するという原始的なやり方でプロセス名を確認しましたが、もう少しスマートな方法を見つけたので紹介します。
【#Windows】定期的に小さなウィンドウが開いてすぐ閉じる:officebackgroundtaskhandler.exe じゃげな | 吟遊詩人の戯言

まず、デスクトップ左下に「ローカル セキュリティ ポリシー」と入力してローカルセキュリティポリシーを開きます。左側、「ローカル ポリシー」→「監査ポリシー」と開きます。

office bug 3

「プロセス追跡の監査」を右クリック→「プロパティ」で、「成功」と「失敗」の両方にチェックを入れて、「OK」を押します。(「成功」だけでもいいかもしれません)

プロセスを監視するには、左下に「イベント ビューアー」と入力してイベントビューアーを開き、左側の「Windows ログ」→「セキュリティ」を開きます。

office bug 4

例えば今回のウィンドウが何のプロセスか確認するには、ウィンドウが現れた時刻の「プロセス作成」を確認します。すると、上の画像のように、officebackgroundtaskhandler.exeを見つけることができます。

ちなみに、F5キーでイベント一覧を更新できるので、今回のような一瞬のプロセスを見つける場合は、事前にイベント一覧を開いておいて、プロセスが実行された瞬間にF5キーを押せば比較的簡単に目的のプロセスを発見できます。

「プロセス追跡の監査」はイベントログを大量に発生させるので、確認が終わったら「成功」「失敗」のチェックを外しておくといいでしょう。

Ads

このページのトップヘ