わすれなぐさ

自称情報ブログ・備忘録

タグ:トラブル

Windows10で外付けHDDが認識されず、PCにデバイスが表示されない場合の対処法です。Windows7やWindows8でも同様です。

デバイスマネージャーからドライバーを削除する

① デスクトップ左下の検索欄に「デバイスマネージャー」と入力して「デバイス マネージャー」を開きます。

device manager

② うまく認識できないHDDを探してください。上の画像では「Sony Hard Drive USB Device」がうまく認識できていない外付けHDDです。

③ その外付けHDDを右クリックして「削除(U)」をクリックします。

④ 外付けHDDのUSBを抜いて挿し直します。すると先程削除したドライバーが再度インストールされ、うまくいけば外付けHDDが正常に認識されます。

⑤ うまくいかないようであれば、今度はデバイスマネージャーで「USB 大容量記憶装置」を「削除(U)」してから、USBを挿し直してください。

ダメな場合

だいたい上の方法で直るのですが、そうでない場合は外付けHDDのパーティションに問題があるか、ドライブレターの割り当てがうまくいっていない場合があります。別のウェブサイトで調べてください(丸投げ)

Windows 7が勝手にスリープ解除される問題の解決法を記載します。この記事で取り扱うのは「スリープしてから10分後にPCが勝手に起動する」という症状の問題です。それ以外の症状の場合、この記事の内容は参考にならないと思います。

今回の問題はWindows Update(特にWindows 10への無料アップデート)が絡んでいます。

解決策

この問題を解決するに当たって以下の記事を大いに参考にしました。併せてご覧ください。
 「Windows 10」、予約しなくても約6GBのファイルを自動ダウンロード(回避方法あり) - ITmedia ニュース

では、実際に私が行った解決策を紹介します。

① まず、OSのあるドライブ(Cドライブ)に「$WINDOWS.~BT」と「$Windows.~WS」があれば削除します。(※隠しフォルダを表示する設定にしないと見えません。設定方法は、エクスプローラー上部の「ツール(T)」→「フォルダーオプション(O)...」→「表示」タブで「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェック。)私の場合は「$WINDOWS.~BT」しかありませんでしたので、それだけ削除しました。

※もしかするとこの作業だけで既にスリープ復帰問題が解決したかもしれません(すみません、確認できていません)。一度PCを再起動してから、試しにスリープさせてみて、10分後に起動してしまうかどうか確認することをお勧めします。

② 「コントロールパネル」→「プログラムのアンインストール」→「インストールされた更新プログラムを表示」を開き、問題を引き起こした可能性のある更新プログラムをアンインストールします。私は、上記の参考URLに記載されている更新プログラムのうち最近インストールされたものを選んでアンインストールしました(具体的には、KB3035583、KB3102429、KB3123862)。アンインストールしたら、一度PCを再起動してください。

③ 「コントロールパネル」→「システムとセキュリティ」→「Windows Update」で「更新プログラムの確認」をクリックすると、先程アンインストールした更新プログラムが現れます。「…更新プログラムが利用可能です」の文字をクリックして、各更新プログラムを右クリック→「更新プログラムの非表示(H)」をクリックしてください。そうすればこれらの更新プログラムが自動的に適用されることが無くなります。

以上を行った結果、私のPCではスリープ復帰問題を解決することができました。皆さんの問題も解決できたなら幸いです。

枠取りには成功しているのにエラーが出る?

fmeaError

  エラー
  指定されたファイルが存在しません。
  設定のFMLECmd.exeのパスが正しく設定されていることを確認して下さい。

というエラー文。

FMEAutomatorで枠を取ってOBSで配信しようとすると、このエラーを見るかもしれませんね。

解決策
放送の際、誤ってFMEAutomatorの「自動化開始」ボタンを押していませんか?

fmea1

他の配信ソフトは分かりませんが、少なくともOBSを使って配信する場合、このボタンは押さないでください。無駄に例のエラーが出るだけです。
FMEAのメイン画面の機能はそもそもFMEのために用意されたものでOBSを使うときには全く必要ないようですね。

(FMEAutomator バージョン 3.3.1.0)
 

友人がMH4のお守りスナイプというツール(.accdb)の使い方が分からないと聞いてきたので、協力してなんとか解決したのですが、思ったより手間取ってしまったので、今後のためにもここにaccdbファイルの開き方をメモしておこうと思います。

accdbファイルとは、Microsoft Access Databaseファイルのことで、これを作成・編集するためにはMicorosoft Accessという有料ソフトが必要なのですが、ファイルを実行するだけであれば無料のランタイム(Microsoft Access Runtime)をインストールすることで可能になります。

手順

① Access 2016 Runtimeをダウンロード
Download Microsoft Access 2016 Runtime from Official Microsoft Download Centerで「ダウンロード」をクリックし、64ビット(x64)か32ビット(x86)にチェックして「次へ」をクリックします。

② インストール
ダウンロードしたインストーラー(.exe)をダブルクリックして実行し、画面の指示に従ってインストールします。

③ accdbファイルを開く
accdbファイルをダブルクリックすれば開くはずです。

もし開かない場合、ファイルの関連付けが上手くいっていません。Windows 7の場合は以下のようにして関連付けます:
accdbファイルを右クリック→「プロパティ」で、「プログラム:」の「変更(C)...」をクリック。プログラムの一覧に「Microsoft Access」があれば、それを選択して「OK」をクリック。なければ「参照(B)...」から「MSACCESS.EXE」を探して選択→「開く(O)」
※MSACCESS.EXEはC:\Program Files\Microsoft Office\Office16などにあると思います。

裏向きだった外付けHDDを表向きにして繋いだら正常に動作した話。

---

Sonyの外付けHDD「HD-EG5」というやつをバックアップ用に使っているんだけど、認識しなくなった。 

症状:
・マイコンピューターに表示されない。
・「コンピューターの管理」→「ディスクの管理」で見てみると、
  ディスク2
  不明
  初期化されていません
などと書いてある。

ネットで調べてみるといくつか解決策があったが、どれも面倒で参っていた。
ここでふと、HDDが裏向きにして使われいたことに気付いたので、ひっくり返して表向きにしてPCに繋ぐと、なんと認識したのだった。

HD-EG5の画像↓


そもそも裏向きなんかで使うのが悪いって言うかもしれないが、画像を見てくれ、上下左右どんな向きに扱っても大丈夫っぽい見た目をしているよなあ・・・
想像以上にHDDってのは欠陥シビアな機器だってことだ。
 

このページのトップヘ