わすれなぐさ

自称情報ブログ・備忘録

タグ:Google日本語入力

Google日本語入力で「はてなマーク」「クエスチョンマーク」を入力してエンターした際、勝手に予測候補が入力されて誤爆した経験はないでしょうか?

実はこれは、サジェストを表示中にShift+Enterを押すと最初の予測候補で入力確定してしまう機能のせいです。つまり、「?」を打ったとき稀に勝手に変換されてしまうのは、「?」を打つときのShiftを押したままEnterを押してしまうからなんですね。

この機能をオフにするには、Google日本語入力のプロパティを開いて、「キー設定の選択」の「編集」をクリックし、「サジェスト表示中 | Shift Enter | 最初の予測候補を確定」を削除してください。(※プロパティを開くにはデスクトップ右下の「あ」(または「A」)の部分を右クリックします)

参考:Shift+Enterによるサジェスト第一候補の自動確定の切り替え - Google プロダクト フォーラム

Google日本語入力は便利ですね。
それで、これをもっと便利に、というか自分好みにカスタマイズすることができるのが「ローマ字テーブル設定」です。


ちょっと試してみよう
日本語入力で「zh」と打ってみてください。
「←」になりましたか?
面白いですね。
他にも「z/」で「/」、「z.」で「…」などあります。

これは「Zコマンド」といって、Zに続けて特定のキーを打つと特殊な変換をしてくれるものです。こんなのが設定されているのが「ローマ字テーブル設定」です。

いや、そもそもZコマンド以前に「ka」と打てば「か」になるみたいなローマ字の基本的な設定もされているんですけどね、ローマ字テーブル設定では。


辞書登録よりも効率的
ローマ字テーブル設定で設定されたものは「変換」する必要がないので速く打てますね。


ローマ字入力テーブル設定を開く
①右下の言語バーから「ツール(工具のアイコン)」→「プロパティ」を開きます
②下の方に「ローマ字テーブル」とあるので、そこの「編集...」を押します

するとローマ字テーブル設定の一覧が表示されます。


設定をカスタマイズしよう

扱い方は見れば大抵解ると思います。自由にカスタマイズしてください。


設定の反映
ローマ字テーブル設定の画面で「OK」を押して閉じ、それからプロパティの画面で「適用」か「OK」を押して初めて設定が反映されます


「次の入力」とは

「入力」「出力」というのに続いて「次の入力」というのがあります。
これがどんなものか例を示します。

次の場合、「tta」と入力すると「った」になります。

入力出力次の入力
ttt

次の場合、「tta」と入力すると「っtあ」になります。

入力出力次の入力
ttっt


ちょっと面白い「次の入力」
入力出力次の入力
a
あa
いa
うa
えa
おa

「a」と入力すると「あ」になって、続けて「a」を押すごとに
→「い」→「う」→「え」→「お」→「あ」→
・・・と、ケータイの入力のようになります。

参考: Google IMEで携帯入力 - 「次の入力」の秘密 - - tomoemonの日記


こっちも面白い
Google日本語入力 | 谺の隠れ家


ちょっとオススメの設定


Zコマンド
z: → ※
z/ → / (上書き)
z\ → \

これで「こめ」を変換して「※」にしなくて済むし\アッカリーン/ってすぐに打てるね。

他にも、自分がよく使う記号をZコマンドに登録しよう。


促音(小さいつ)
日本語入力のまま「gg」って打とうとすると「っg」になってしまうんですね。
そういう時は

入力出力次の入力
gggggg

を追加します。これで「gg」と打てます。
因みに「gg」で変換すると「っ」になります。


その他
swi → すぃ
zwi → ずぃ


AZIK
中々興味深い設定です。次のリンク先を読んでみてください。
AZIKのすすめ より高速な日本語入力のために – DS LAB.

このページのトップヘ